ヒポクラ感染症マップ

腸管出血性大腸菌感染症とは

●病原体:腸管出血性大腸菌 ●感染経路:汚染された食物などを経口摂取することによっておこる腸管感染。経路としては食中毒が最も多い。 ●症状:潜伏期間は3~4日。腹痛を伴う水様性下痢及び血便。嘔吐や38℃台の高熱を伴うこともある。小児や高齢者では痙攣、昏睡、脳症などによって致命的になることがある。 ●治療法:対症療法が原則。
2021年 年間累計感染者数 313人
2021年04月26日 〜 05月02日 313人
このページは 国立感染症研究所 / 厚生労働省 / 一般社団法人 日本感染症学会のデータを基に更新しています
サービス開発・運営改善のため、アンケートにご協力いただければ幸いです。 こちら