コンサルトについて

コンサルト依頼を出したい

<アプリの場合>

アプリのホーム画面の左上「コンサルトを出す」ボタンを押してください。「皮膚科 ヒフミル君」「眼科 メミルちゃん」のどちらかを選択し、以下の患者情報を入力してください。

<WEBの場合>

WEB版のホーム画面左上「質問する」ボタンを押してください。「ヒフミル君」「メミルちゃん」のどちらかを選択し、以下の患者情報を入力してください。

コンサルト依頼の結果はいつ頃届きますか?

コンサルト依頼から12時間以内にご返答させて頂いております。実績としては、平均回答時間は約30分です。(2017年3月)
平日日中は、比較的早くご回答しており、最短2分というケースもありますが、夜間と土日は8時間程度、お時間をいただくケースもございます。

どのような医師が回答しているのですか?

ヒポクラに事前登録している皮膚科専門医・眼科専門医が回答しております。ヒポクラ事務局の監修医師が、ご登録されるすべての専門医との面談、医師免許・資格等の確認を厳重に行っております。

再診依頼をすると何が起こりますか?

皮膚科・眼科専門医から、診断アドバイスの回答を受けた後、同じ症例を再診依頼をすることができます。初診のコンサルト依頼の情報を引き継いだまま、経過を追記すれば、再診依頼が専門医に送信されます。

コンサルト依頼の取り消しはできますか?

現在、コンサルト依頼の取り消し機能はございません。コンサルト依頼の取り消しが必要な場合は、こちらよりお問い合わせください。

「別の医師にも聞く」を押すと何が起こりますか?

1つの症例に対し、複数の専門医にコンサルト依頼を出し、複数のアドバイスを受けることができます。

患者の個人情報はどのように扱われていますか?

ヒポクラ・コンサルトでは、患者様のお名前や個人情報はお預かりしておりません。
患部写真と問診情報のみをお預かりしております。写真に個人を特定できる部位(顔面など)が入る場合は、アプリ上から、簡単に塗り潰すことができますので、不必要な部分を隠した状態でコンサルト依頼を出していただきますようお願いいたします。

本当に写真と問診だけで診断アドバイスができるのですか?

日本では発展途上ですが、アメリカでは皮膚科の写真と問診での遠隔医療は標準的に行われており、アドバイス以上の診断・処方を行っております。具体的な論文は以下をご参照ください。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23666440
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10174347

誤診の場合の責任はどこにあるのですか?

私たちの提供しているものは、臨床アドバイスであり診断ではございません。ユーザーの先生方の臨床におけるご判断のサポートであり、診断していただくのは弊社からのアドバイスを受けた先生になります。

医師が自分で撮らなくてはいけないのですか?

医師の指示のもと、放射線や心電図などのように、コメディカルの方に入力を代記してうまく使われている病院もございます。

なぜ皮膚科と眼科にしか質問できないのですか?

現在、コンサルト機能を皮膚科・眼科に絞っている理由の一つとして、写真データ+問診でコンサルトできる疾患が多いことが挙げられます。もし皮膚科・眼科以外にも他の診療科でご要望等ありますようでしたら、「知見共有」からも相談可能ですので、是非ご利用ください。その他のご要望でしたら、ご遠慮なくinfo@hpcr.jp宛てにご要望を頂けますと幸いです。

紹介状を送る の使い方を教えてください。

「診療情報提供書を送る」ボタンを押すと、ご登録されているご自身のメールアドレスに、患者情報がテキストで送られます。そちらをワード等に貼りつけて、編集してご利用ください。

画面上部に戻る