ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.8(2022年7月14日号)
Journal Check

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.8(2022年7月14日号)

COVID-19後遺症の有病率、その危険因子とは

COVID-19後遺症(PCC)の有病率を評価したこれまでの研究は、定義があいまいなまま実施されていた。そこで、2020年4~8月の間に入院した成人・小児を対象に6、12ヵ月後のPCC(WHOの定義)の有病率を調査し、その危険因子を評価するため、前向きコホート研究を実施した。BMC Medicine誌2022年7月6日の報告。

ICUの未来:せん妄はもはや問題にならない

COVID-19のパンデミック時、ICUにおけるせん妄の発生率は増加した。せん妄の無いICUを実現するための基本的な前提条件とは、どのようなものなのか。Critical Care誌2022年7月5日の報告。

プルーン摂取は閉経後女性の骨密度に影響を与えるか?

プルーンの食事摂取は骨の健康に好ましい影響を及ぼすと言われている。単一施設の並行群間ランダム化比較試験において、プルーンの12ヵ月食事摂取介入による閉経後女性の骨密度への影響について評価を行った。The American Journal of Clinical Nutrition誌オンライン版2022年7月7日の報告。

新型コロナウイルスのオミクロン変異株Ba.2.12.1、Ba.4、Ba.5の抗体回避は?

米国と南アフリカのそれぞれで激増しているオミクロン変異株Ba.2.12.1およびBa.4/5。スパイクタンパク質に追加の突然変異を抱えるこれらの新規変異株は、中和抗体をさらに回避する可能性がある。その回避性を明らかにするため、系統的抗原分析による調査が行われた。Nature誌オンライン版2022年7月5日の報告。

「週末まとめて運動」と「日常的な運動」死亡率低下に寄与するのは?

中等度~強度の身体活動の週ごとの推奨量が、1週間に分散している場合とより少ない日数に集中している場合、死亡リスクに同じ利点があるかどうかは不明である。1997~2013年の米国国民健康インタビュー調査で身体活動について報告した35万978人を対象とした大規模前向きコホート研究の結果が報告された。JAMA Internal Medicine誌オンライン版2022年7月5日の報告。

※新規会員登録はこちら

<バックナンバー>

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.7(2022年7月7日号)

糖尿病の有無が影響するか、心不全に対するエンパグリフロジンの臨床転帰 ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.6(2022年6月30日号)

老化をあざむく方法は? ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.5(2022年6月23日号)

座位時間と死亡率および心血管イベントとの関連性:低~高所得国での違いはあるか? ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.4(2022年6月16日号)

乳製品やカルシウム摂取量と前立腺がんの発症リスクの関連性:前向きコホート研究 ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.3(2022年6月9日号)

運動は脳内RNAメチル化を改善し、ストレス誘発性不安を予防する ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.2(2022年6月2日号)

6〜11歳の子供におけるmRNA-1273Covid-19ワクチンの評価 ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.1(2022年5月26日号)

SARS-CoV-2オミクロンBA.2株の特性評価と抗ウイルス感受性 ≫その他4本
「Journal Check」記事一覧へ戻る