ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.20(2022年10月6日号)
Journal Check

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.20(2022年10月6日号)

CRPはがんのバイオマーカーになるか?

観察研究では、血清C反応性タンパク(CRP)と肺癌、乳癌、大腸癌のリスクとの関連が報告されているが、他の癌については一貫性がなくエビデンスも示されていない。そこで、英国バイオバンクコホートからの42万964人の癌のない参加者を対象に、CRPと癌リスクの関連を評価するための前向きコホートとメンデルランダム化による汎癌解析が実施された。BMC Medicine誌2022年9月19日号の報告。

メトホルミンは、アルツハイマー病の発生率に影響を及ぼすか?

メトホルミンの使用は糖尿病患者の認知症発生率の低下と関連があることが、観察研究において示されている。しかし、一般集団における両者の因果関係はよくわかっていない。メンデルランダム化(MR)を用いた本研究で、メトホルミンとアルツハイマー病リスク低下との因果関係、その脳内での作用機序が調査された。Diabetologia誌2022年10月号の報告。

心不全における鉄欠乏症とダパグリフロジンの効果

心不全では鉄欠乏症が一般的であり、転帰の悪化に関連している。DAPA-HF試験(心不全におけるダパグリフロジンの有害転帰の予防)における鉄欠乏の有病率とその結果、鉄代謝マーカーに対するダパグリフロジンの効果、ベースライン時の鉄の状態による心不全に対するダパグリフロジンの効果について、結果が報告された。Circulation誌2022年9月27日号の報告。

SDGsは達成されるか:低所得国・中所得国における固体燃料を使用した調理と健康への影響のマッピング

現在でも30億人以上がクリーンエネルギーを利用できず、主に固体燃料を使用して調理している。しかしながら、固体燃料の使用は、死亡に関連する家庭の大気汚染を引き起こすことがわかっている。著者らは 、2000年〜2018年の低所得国および中所得国において、固体燃料使用と有病率をマッピングする地理空間モデリング研究を行った。The Lancet Global Health誌2022年10月1日号の報告。

アセタゾラミド(ダイアモックス®)は、急性非代償性心不全に効果的か?

体液過剰(浮腫、胸水、腹水)を伴う急性非代償性心不全患者に対し、炭酸脱水酵素阻害薬アセタゾラミド(ダイアモックス®)をループ利尿薬に追加することで、より迅速なうっ血解消が可能であるかどうかは不明である。アセタゾラミドの急性非代償性心不全への効果を検討した、多施設並行群間二重盲検無作為化プラセボ対照試験の結果が報告された。The New England Journal of Medicine誌2022年9月29日号の報告。

※新規会員登録はこちら

<バックナンバー>

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.19(2022年9月29日号)

免疫チェックポイント阻害剤の奏効率は、食事によって変わるのか? ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.18(2022年9月22日号)

メタボを防ぐ腸内細菌に対して、最も悪影響を及ぼす食事は? ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.17(2022年9月15日号)

セレブからも注目されているプチ断食は、ダイエットや心血管代謝に良い影響を及ぼすのか? ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.16(2022年9月8日号)

長生きできる紅茶の摂取量は? ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.15(2022年9月1日号)

ゼロカロリー甘味料は、耐糖能に影響を及ぼさないのか? ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.14(2022年8月25日号)

ゼロカロリー甘味料は、耐糖能に影響を及ぼさないのか? ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.13(2022年8月18日号)

運動後の摂取はゆで卵、生卵どちらの摂取が有用か? ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.12(2022年8月11日号)

慢性腰痛を軽減する最良の運動オプションとは~RCTのネットワークメタ解析 ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.11(2022年8月4日号)

サル痘の臨床的特徴~最新症例報告 ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.10(2022年7月28日号)

小児におけるオミクロンに対するファイザー社製COVID-19ワクチンの有効性 ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.9(2022年7月21日号)

慢性便秘症に効果的な食物繊維摂取量は?:RCTの系統的レビュー&メタ解析 ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.8(2022年7月14日号)

COVID-19後遺症の有病率、その危険因子とは ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.7(2022年7月7日号)

糖尿病の有無が影響するか、心不全に対するエンパグリフロジンの臨床転帰 ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.6(2022年6月30日号)

老化をあざむく方法は? ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.5(2022年6月23日号)

座位時間と死亡率および心血管イベントとの関連性:低~高所得国での違いはあるか? ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.4(2022年6月16日号)

乳製品やカルシウム摂取量と前立腺がんの発症リスクの関連性:前向きコホート研究 ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.3(2022年6月9日号)

運動は脳内RNAメチル化を改善し、ストレス誘発性不安を予防する ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.2(2022年6月2日号)

6〜11歳の子供におけるmRNA-1273Covid-19ワクチンの評価 ≫その他4本

ヒポクラ × マイナビ Journal Check Vol.1(2022年5月26日号)

SARS-CoV-2オミクロンBA.2株の特性評価と抗ウイルス感受性 ≫その他4本
「Journal Check」記事一覧へ戻る