「Journal Check」の記事一覧

筋トレは、どこまで追い込むべきか? 他4本≫ Journal Check Vol.88(2024年2月29日号)
筋トレは、どこまで追い込むべきか? 他4本≫ Journal Check Vol.88(2024年2月29日号)
筋トレは、どこまで追い込むべきか? 著者らは、限界まで追い込む(momentary muscular failure)レジスタンストレーニングと、RIR(repetitions-in-reserve:「もう筋肉が動かない」を0とし、あと何回でその状態になるかを数値化したもの)を利用したレジスタンストレーニングが、大腿四頭筋の肥大と神経筋疲労に及ぼす影響について検討した。Journal of Sports Sciences誌オンライン版2024年2月23日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 断食で〇歳若返り!? マウスでは、断食模倣食(FMD)の定期的サイクルが、がんや自己免疫細胞などの損傷細胞を死滅しながら正常細胞を保護し、炎症を軽減し、多系統の再生を促進し、寿命を延ばすことが知られている。著者らは、無作為化臨床試験から得られた血液サンプルを二次的および探索的分析し、成人における3サイクルのFMDが、生物学的年齢に及ぼす影響を調査した。Nature Communications誌2024年2月20日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 反復的な睡眠薬投与が、運転に及ぼす残存効果は如何ほどか? 不眠症患者および健常者における鎮静/睡眠薬の単回および反復就寝時投与による、翌日の潜在的な運転障害を調査することを目的として、無作為化比較試験のシステマティックレビューとネットワークメタ解析を行った。European Neuropsychopharmacology誌オンライン版2024年2月23日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 筋肉減少予防に効果的な栄養素は? 現在、サルコペニアの治療選択肢は限られており、主に筋トレに基づく身体活動と食事介入という2つの治療アプローチに依存している。しかし、食事やサプリメントに含まれる特定の栄養素による影響は不明である。著者らは、栄養素摂取量と除脂肪体重、筋機能、筋力との関係を調査した。Nutrients誌2024年2月19日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む カフェインでダイエット? カフェインは世界で最も利用されている薬物の一つであるが、その臨床効果は完全にはわかっていない。著者らは、循環カフェイン濃度に影響を及ぼすカフェイン代謝に関連する遺伝子変異を活用し、メンデルランダム化解析を行い、循環カフェイン濃度が健康に及ぼす影響を調査した。BMC Medicine誌2024年2月20日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.87(2024年2月22日号) 筋トレ vs ウォーキング vs ヨガ vs SSRI 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.86(2024年2月15日号) ”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号) 日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号) "オレオ" クッキー vs スタチン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.83(2024年1月25日号) 少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号) ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号) コーヒーの飲用が若さの鍵!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号) サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号) あなたの平均余命はどれくらい? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号) 肥満に最も効く運動は? ≫他4本
筋トレ vs ウォーキング vs ヨガ vs SSRI 他4本≫ Journal Check Vol.87(2024年2月22日号)
筋トレ vs ウォーキング vs ヨガ vs SSRI 他4本≫ Journal Check Vol.87(2024年2月22日号)
筋トレ vs ウォーキング vs ヨガ vs SSRI 各国の診療ガイドラインでは、うつ病治療の一環として身体活動を推奨しているが、運動量・方法について明確で一貫した推奨を行なっていない。著者らは、心理療法、抗うつ薬、対照条件と比較した、うつ病治療に最適な運動量・方法を明らかにするために、無作為化比較試験の系統的レビューとネットワークメタ解析を行った。BMJ誌2024年2月14日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む コーヒー〇杯以下なら、骨粗しょう症予防!? これまでの疫学研究で、毎日のコーヒー摂取が代謝性疾患群の発生率を低下させることが明らかになっているが、コーヒー摂取と骨粗鬆症との関連については決定的ではない。著者らは、米国の50歳以上の中高年を対象に、コーヒー摂取と骨粗鬆症・骨減少症との関連を調査するための横断研究を行った。Calcified Tissue International誌オンライン版2024年2月17日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む PM2.5がASDのリスク因子!? 粒子状物質(PM)が自閉スペクトラム症(ASD)のリスクを高めることを示唆する証拠が増えつつあるが、未だ因果関係は不明である。 著者らは、最大規模のゲノムワイド関連解析(GWAS)データベースを用いて、2標本のメンデルランダム化解析を行った。BMC Psychiatry誌2024年2月16日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む テロメア長へ寄与するものは? テロメア長は老化の重要なバイオマーカーとして長い間認識されており、年齢と逆相関している。様々な生活習慣因子がテロメアの短縮や維持に関与することが示唆されているが、その関連については議論の余地がある。著者らは、複数の生活習慣因子とテロメア長との因果関係を調べるために、メンデルランダム化解析を行った。Journal of Translational Medicine誌2024年2月16日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 禁煙のために、電子タバコ? 電子タバコは、一部の喫煙者が禁煙のサポートのために使用しているが、有効性と安全性に関するエビデンスは十分でない。著者らは、継続的な禁煙に到るまでの電子タバコ使用の有効性と安全性について検討するため、非盲検無作為化比較試験を行った。The New England Journal of Medicine誌2024年2月15日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.86(2024年2月15日号) ”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号) 日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号) "オレオ" クッキー vs スタチン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.83(2024年1月25日号) 少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号) ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号) コーヒーの飲用が若さの鍵!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号) サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号) あなたの平均余命はどれくらい? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号) 肥満に最も効く運動は? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.77(2023年11月30日号) 週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? ≫他4本
”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 他4本≫ Journal Check Vol.86(2024年2月15日号)
”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 他4本≫ Journal Check Vol.86(2024年2月15日号)
”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 身体活動は血糖値の管理において重要な役割を果たすが、有力なエビデンスは、有酸素運動と筋力トレーニングについてのみ存在している。著者らは、ストレッチ運動が血糖値に及ぼす潜在的な影響を明らかにするために、メタ解析を含む系統的レビューを行った。Sports Medicine - Open誌2024年2月9日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 禁煙はいつやるか? 今でしょ! 禁煙は死亡率と罹患率を減らすが、喫煙関連疾患による死亡率をどの程度減少させるか、また禁煙期間がどの程度影響するかは依然として不明である。そこで著者らは、米国、英国、ノルウェー、カナダの死亡登録と関連する4つの国内コホートを用いてメタ解析を行った。NEJM Evidence誌オンライン版2024年2月8日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 理想的なタンパク摂取量は、1日〇g? 高齢者に推奨されるタンパク質は、若者の窒素出納に基づいている。指標アミノ酸酸化法を用いた研究では、現在の推奨よりも30~50%多いタンパク質が必要であると示唆されている。著者らは、タンパク質適正量を生理学的に推定する方法としてグルタチオンを測定し、高齢者における1日の理想的なタンパク質摂取量を推定した。The American Journal of Clinical Nutrition誌オンライン版2024年2月5日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 日本における片頭痛治療の実態 日本における片頭痛患者の臨床的特徴や治療は十分に調査されていない。著者らは、近年の片頭痛の臨床を理解し、現在の治療法では十分に管理できない可能性がある患者の特徴を明らかにするために、請求データベースを使用した後ろ向きコホート研究を実施した。The Journal of Headache and Pain誌2024年2月8日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む バイアグラがアルツハイマー病リスクを軽減!? 動物実験では、PDE5阻害薬がアルツハイマー病(AD)リスク軽減薬として有望であると示されているが、ヒトにおける証拠はまだ決定的ではない。著者らは、勃起不全の男性におけるPDE5阻害薬の使用とAD発症リスクとの関連を評価するためにコホート研究を行った。Neurology誌オンライン版2024年2月7日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号) 日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号) "オレオ" クッキー vs スタチン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.83(2024年1月25日号) 少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号) ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号) コーヒーの飲用が若さの鍵!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号) サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号) あなたの平均余命はどれくらい? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号) 肥満に最も効く運動は? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.77(2023年11月30日号) 週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.76(2023年11月23日号) ブドウ、ブルーベリーが認知症を改善!? ≫他4本
日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本≫ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号)
日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本≫ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号)
日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 亜鉛欠乏症は、世界中で20億人以上が罹患しており、免疫機能の低下、味覚・嗅覚障害、肺炎、成長遅延、視覚障害、皮膚障害などの多くの好ましくない影響により、公衆衛生上大きな負担となっている。著者らは、2019年1月〜2021年12月までの、日本全国の保険請求データベースの解析を行い、亜鉛欠乏症患者の特徴を調査した。Scientific Reports誌2024年2月2日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む NSAIDsと、各種がん発生率との相関は? 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、特にアスピリンは種々の癌の発生率を低下させることが、いくつかの臨床的および前臨床的研究で示されている。しかし、複数のがん罹患とNSAIDsとの関連を総合的に評価した文献は不足している。著者らは、既存のシステマティックレビューおよびメタアナリシスの包括的レビューを行った。Heliyon誌2024年1月30日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 緑茶で心血管疾患リスクが〇%低下! 緑茶は心血管疾患(CVD)の発症を予防する可能性があると報告されている。著者らは、過体重/肥満の2型糖尿病患者における緑茶摂取とCVD発症との関連を調査するためにコホート研究を行った。Archives of Public Health誌2024年2月2日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 不妊治療の最新ガイドライン 不妊カップルの第一選択管理のための2010年フランス産婦人科医会の診療ガイドラインを更新し、5つの主要テーマ(不妊女性の第一選択の評価、不妊男性の第一選択の評価、環境要因への曝露の予防、排卵誘発法を用いた初期管理、第一選択の生殖手術)について推奨事項をまとめた。Gynecologie, Obstetrique, Fertilite & Senologie誌オンライン版2024年2月2日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む コーヒーが変形性膝関節症のリスクに!? 変形性膝関節症(KOA)は一般的な関節疾患であり、食事がKOAの病因と進行に関与している可能性があるが、因果関係を示す証拠は限られている。著者らは、食事摂取とKOAリスクとの因果関係を調査するために、メンデルランダム化解析を行った。PloS One誌2024年1月31日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号) "オレオ" クッキー vs スタチン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.83(2024年1月25日号) 少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号) ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号) コーヒーの飲用が若さの鍵!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号) サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号) あなたの平均余命はどれくらい? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号) 肥満に最も効く運動は? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.77(2023年11月30日号) 週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.76(2023年11月23日号) ブドウ、ブルーベリーが認知症を改善!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.75(2023年11月16日号) 座りっぱなしは、寝っぱなしよりもタチが悪い!? ≫他4本
"オレオ" クッキー vs スタチン 他4本≫ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号)
"オレオ" クッキー vs スタチン 他4本≫ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号)
"オレオ" クッキー vs スタチン 最近の研究で、糖質制限食に反応して、HDL-C≧80mg/dL、TG≦70mg/dLで、LDL-Cが200mg/dL以上を示すLean Mass Hyper-Responders(LMHR)という集団が同定された。この現象は主に代謝的に健康で痩せた被験者に発生し、LDL-CとBMIは反比例する。著者らは、ケトジェニックダイエット中のLMHR被験者にオレオクッキーの形で炭水化物を補給すると、高強度スタチン療法と同等かそれ以上にLDL-C値が低下するのではないかという仮説を検証した。Metabolites誌2024年1月22日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む DOACは、BMI/体重により有用性が変化するか? BMIと体重が、DOACの有効性と安全性にどのような影響を及ぼしているか、依然として定かではない。著者らは、DOACとワルファリンのBMI・体重の違いによる有効性と安全性について、心房細動の患者を対象にした4つのランダム化臨床試験の個別患者データ5万8,464例のメタ分析を行った。Circulation誌オンライン版2024年1月24日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 包茎にステロイド!? 包茎は、割礼や包皮形成術により外科的に治療されることが多いが、ステロイド外用薬を4~8週間塗布する非侵襲的治療の報告は、良好な結果を示唆している。著者らは、男児の包茎治療において包皮の狭窄部分にステロイド外用薬を塗布した場合の効果を、プラセボまたは無治療と比較して評価した。2014年に発表されたコクランレビューの更新版。The Cochrane Database of Systematic Reviews誌2024年1月25日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む ”尻"を最も効果的に鍛えるには? 静的トレーニングとプレアクティベーションは、加速パフォーマンスを向上させるというエビデンスがある。しかし、伝統的な筋トレは、対側の股関節屈曲時に同側の股関節伸展を特徴とする臀筋の加速に特異的な活性化パターンを反映していない。著者らは、従来の筋トレと比較して、加速に特化したエクササイズが臀筋にどのように影響するかを調査した。European Journal of Applied Physiology誌オンライン版2024年1月27日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む EDに影響する腸内微生物叢は? 勃起不全(ED)は、男性によく見られる性障害の一つである。いくつかの研究で、腸内微生物叢とEDとの間に関連がある可能性が示されている。著者らは、この潜在的な関連を検証するために、腸内微生物叢とEDのゲノムワイド関連研究の統計データをスクリーニング、およびメンデルランダム化解析を行った。International Journal of Impotence Research誌オンライン版2024年1月25日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.83(2024年1月25日号) 少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号) ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号) コーヒーの飲用が若さの鍵!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号) サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号) あなたの平均余命はどれくらい? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号) 肥満に最も効く運動は? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.77(2023年11月30日号) 週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.76(2023年11月23日号) ブドウ、ブルーベリーが認知症を改善!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.75(2023年11月16日号) 座りっぱなしは、寝っぱなしよりもタチが悪い!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.74(2023年11月09日号) 多様な睡眠トラッカー、精度が高かったのはどれ? ≫他4本
少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本≫ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号)
少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本≫ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号)
少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? これまで、過度のアルコール摂取と睡眠不足との関連が示されているが、睡眠特性(不眠、いびき、睡眠時間、クロノタイプなど)に関連した軽~中等度のアルコール摂取のリスクや、その因果関係は不明である。著者らは、アルコール摂取と6つの睡眠特性との関連を調査するため、観察研究およびメンデルランダム化解析を実施した。Molecular Psychiatry誌オンライン版2024年1月18日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む ”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 近年の研究で、静的ストレッチによる最大筋力の向上と筋肥大が、筋トレに代わる可能性があることが示唆されているが、その多くは足底屈筋の調査である。著者らは、大胸筋の最大筋力、筋肥大、柔軟性に対する静的ストレッチの効果を調査し、従来の筋トレの効果と比較した。European Journal of Applied Physiology誌オンライン版2024年1月19日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 糖尿病に良い食材。あなたはいくつ挙げられますか? 最近の研究では、多くの天然食品が抗糖尿病活性を示すことが報告されている。著者らは、疫学的、実験的、および臨床的研究の結果に基づいて、糖尿病に対する天然食品の効果とその基礎となるメカニズムについてナラティブレビューを行った。Food & Function誌オンライン版2024年1月19日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 筋トレ後のBCAA摂取は、何に効く? 分岐鎖アミノ酸(BCAA)が運動後の筋損傷バイオマーカー、筋肉痛、筋パフォーマンスの回復に及ぼす影響を評価するため、系統的レビューのオーバービューレビューを行った。Journal of the American Nutrition Association誌オンライン版2024年1月19日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 100%フルーツジュースの飲用はやっぱり良くない? 100%フルーツジュースの頻繁な摂取が体重増加を促進するのではないかという懸念が提起されている。著者らは、小児および成人における100%フルーツジュースの摂取と体重変化との関連を評価するために、系統的レビューとメタ解析を行った。JAMA Pediatrics誌オンライン版2024年1月16日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号) ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号) コーヒーの飲用が若さの鍵!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号) サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号) あなたの平均余命はどれくらい? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号) 肥満に最も効く運動は? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.77(2023年11月30日号) 週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.76(2023年11月23日号) ブドウ、ブルーベリーが認知症を改善!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.75(2023年11月16日号) 座りっぱなしは、寝っぱなしよりもタチが悪い!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.74(2023年11月09日号) 多様な睡眠トラッカー、精度が高かったのはどれ? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.73(2023年11月02日号) 勃起不全に影響のある脂質とは? ≫他4本
ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本≫ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号)
ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本≫ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号)
ダークチョコレートで〇〇予防!? これまでの介入研究で、心血管系に対するダークチョコレートの利点がいくつか示されているが、ダークチョコレートの摂取が心血管疾患(CVD)リスクと関連するかどうかは確立されていない。著者らは、ダークチョコレートの摂取とCVDリスクとの因果関係を調査するために、メンデルランダム化解析を実施した。Scientific Reports誌2024年1月10日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 卵1日〇個で骨粗鬆症予防? 骨密度(BMD)の低下を特徴とする骨粗鬆症は、世界的に深刻な健康問題である。著者らは、米国国民健康栄養調査(NHANES)を用いて、米国人の全卵摂取量とBMDレベルの関連を評価するため、線形回帰分析を行った。Food & Function誌オンライン版2024年1月11日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 抗精神病薬曝露と認知症リスクとの関連性は? 抗精神病薬(AP)は広く処方されている薬剤の一つであり、認知機能低下を引き起こすことが示されているが、これまでの研究は議論の余地があり、不足している。著者らは、APへの曝露と認知症リスクとの関係を調べるために、41万5,100人を対象とした大規模前向きコホート研究を行った。Journal of Affective Disorders誌オンライン版2024年1月8日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む ChatGPT vs UpToDate® 近年、医療における人工知能の一種としてチャットボットの使用が増加している。UpToDate®も、エビデンスに基づく知見により確立された検索ツールであり、世界中の医師が日常的に使用している。著者らは、耳鼻咽喉科・頭頸部外科におけるUpToDate®とChatGPTの有用性と信頼性を比較調査した。European Archives of Oto-Rhino-Laryngology誌オンライン版2024年1月13日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む COVID-19罹患後の消化器疾患のリスクとは? COVID-19の広範な後遺症による健康上の懸念が高まっているが、消化器疾患のリスクはまだ包括的に理解されていない。著者らは、最長2.6年間の追跡期間(追跡期間中央値:0.7年)の大規模後ろ向きコホート研究にて、COVID-19患者における消化器疾患の長期リスクを調査した。BMC Medicine誌2024年1月10日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号) コーヒーの飲用が若さの鍵!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号) サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号) あなたの平均余命はどれくらい? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号) 肥満に最も効く運動は? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.77(2023年11月30日号) 週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.76(2023年11月23日号) ブドウ、ブルーベリーが認知症を改善!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.75(2023年11月16日号) 座りっぱなしは、寝っぱなしよりもタチが悪い!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.74(2023年11月09日号) 多様な睡眠トラッカー、精度が高かったのはどれ? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.73(2023年11月02日号) 勃起不全に影響のある脂質とは? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.72(2023年10月26日号) 腸内細菌を介して、アルツハイマー病が伝染る!? ≫他4本
コーヒーの飲用が若さの鍵!? 他4本≫ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号)
コーヒーの飲用が若さの鍵!? 他4本≫ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号)
コーヒーの飲用が若さの鍵!? 観察研究により、コーヒー、アルコール、紅茶、砂糖入り飲料の摂取と顔の肌老化との関係が明らかになったが、交絡因子が影響している可能性がある。著者らは、2サンプルのメンデルランダム化解析を行い、飲料摂取と顔の肌老化との間の潜在的な因果関係を調査した。Journal of Cosmetic Dermatology誌オンライン版2024年1月4日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む AGAに有用な補完代替医療(CAM)は? 男性型脱毛症(AGA)は、ミノキシジルなどの治療薬が有効だが、副作用が不快な場合がある。そのために自然療法への注目が高まっているが、有効性を示す科学的証拠は限られている。著者らは、AGA患者に対する一般的な補完代替医療(CAM)の有効性に関するレビューを実施した。Baylor University Medical Center Proceedings誌オンライン版2024年1月号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 運動で砂糖の悪影響を打ち消せるか? 身体活動が心血管疾患(CVD)発症に対する砂糖入り飲料 (SSB)または人工甘味料入り飲料(ASB)の悪影響を軽減できるかどうかは不明である。著者らは、2件の前向きコホート研究から、成人におけるSSBまたはASBの摂取と身体活動、CVDとの関連を調査した。The American Journal of Clinical Nutrition誌オンライン版2024年1月5日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む GLP-1受容体作動薬のセマグルチドは、自殺念慮を惹起するか? 2型糖尿病および肥満症治療薬であるGLP-1受容体(GLP1R)作動薬セマグルチドに関連した自殺念慮の報告があり、欧州規制当局が調査に乗り出した。著者らは、セマグルチドと自殺念慮の関連性について、非GLP1R作動薬の抗肥満薬または抗糖尿病薬と比較した、後ろ向きコホート研究を行った。Nature Medicine誌オンライン版2024年1月5日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む スポーツ実施時におけるビタミンDの効果とは? ビタミンDの欠乏は怪我のリスクを高めることが示されている。著者らは、エリートアスリートにおけるビタミンD補給が、次の4つに及ぼす影響について系統的レビューを実施した。①有酸素運動能力、②筋力、スピード、無酸素パワーなどの無酸素運動指標、③炎症の血清バイオマーカー、④骨の健康 Orthopaedic Journal of Sports Medicine誌オンライン版2024年1月3日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号) サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号) あなたの平均余命はどれくらい? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号) 肥満に最も効く運動は? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.77(2023年11月30日号) 週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.76(2023年11月23日号) ブドウ、ブルーベリーが認知症を改善!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.75(2023年11月16日号) 座りっぱなしは、寝っぱなしよりもタチが悪い!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.74(2023年11月09日号) 多様な睡眠トラッカー、精度が高かったのはどれ? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.73(2023年11月02日号) 勃起不全に影響のある脂質とは? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.72(2023年10月26日号) 腸内細菌を介して、アルツハイマー病が伝染る!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.71(2023年10月19日号) ガイドラインでβ遮断薬が高血圧症の第一選択薬になったのは、是か非か? ≫他4本
サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ 他4本≫ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号)
サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ 他4本≫ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号)
サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ 死亡率と罹患率に関する降圧治療の長期相対リスクは十分に理解されていない。著者らは、高血圧と診断され、他に少なくとも1つの冠動脈性心疾患危険因子を有する55歳以上の参加者を、サイアザイド系利尿薬、ACE阻害薬、Ca拮抗薬に割付、死亡率と罹患率を比較するための、多施設共同無作為化二重盲検実薬対照臨床試験を行った。JAMA Network Open誌2023年12月1日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 重金属曝露を加味しても、魚の摂取は健康に良いか? 長鎖オメガ-3多価不飽和脂肪酸(ω-3 PUFA)は認知機能に有益であると報告されているが、高濃度の重金属と残留性有機物のため、一部の魚の摂取制限が推奨されている。著者らは、魚摂取によるω-3 PUFAと鉛、カドミウム、セレン、メチル水銀の血中濃度と認知能力との関連を調査した。The American Journal of Clinical Nutrition誌オンライン版2023年12月16日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む チルゼパチドの投与終了後も体重減少は維持されるか? チルゼパチドによる治療を継続した場合、初期の体重減少を維持できるかは不明である。著者らは、食事療法と身体活動療法を併用したチルパセチドの体重減少維持効果を評価するために、無作為化治療中止試験を行った。JAMA誌オンライン版2023年12月11日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 認知機能障害を引き起こしやすい睡眠パターンは? 睡眠障害は、認知症や神経変性疾患と関連しているが、睡眠の経時的変化が認知機能障害の発生率に及ぼす影響は不明である。著者らは、健康な高齢者における、加齢に伴う認知機能の変化と縦断的睡眠パターンとの関連を評価するために、Seattle Longitudinal Studyの後ろ向き縦断的解析を行った。JAMA Network Open誌2023年12月1日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 日本人におけるSGLT2阻害薬 vs DPP-4阻害薬の肝保護効果は? 日本の2型糖尿病患者における肝機能に対するSGLT2阻害薬とDPP-4阻害薬の効果を比較するために、RWDデータベースを使用した後ろ向きコホート研究を行った。Diabetes, Obesity & Metabolism誌オンライン版2023年12月12日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号) あなたの平均余命はどれくらい? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号) 肥満に最も効く運動は? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.77(2023年11月30日号) 週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.76(2023年11月23日号) ブドウ、ブルーベリーが認知症を改善!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.75(2023年11月16日号) 座りっぱなしは、寝っぱなしよりもタチが悪い!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.74(2023年11月09日号) 多様な睡眠トラッカー、精度が高かったのはどれ? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.73(2023年11月02日号) 勃起不全に影響のある脂質とは? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.72(2023年10月26日号) 腸内細菌を介して、アルツハイマー病が伝染る!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.71(2023年10月19日号) ガイドラインでβ遮断薬が高血圧症の第一選択薬になったのは、是か非か? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.70(2023年10月12日号) 超低カロリーのケトジェニック食 vs. 低カロリーのバランス食 片頭痛予防に有効なのはどっち? ≫その他4本
あなたの平均余命はどれくらい? 他4本≫ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号)
あなたの平均余命はどれくらい? 他4本≫ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号)
あなたの平均余命はどれくらい? 著者らは、①非喫煙、②身体活動、③過度のアルコール摂取なし、④回復的な睡眠、⑤栄養、⑥ストレス管理、⑦社会的つながり、⑧オピオイド使用障害なし、の8つのライフスタイル要因をいくつ持つかで、死亡リスクと平均余命にどのように影響するかを検討した。The American Journal of Clinical Nutrition誌オンライン版2023年12月7日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 結局、スタチンは心不全患者に是か非か? 心不全治療は、急性および慢性心不全の診断と治療に関する最近のガイドラインに基づいている。著者らは、心不全における脂質低下療法のエビデンスについてレビューを行った。Current Atherosclerosis Reports誌オンライン版2023年12月4日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む DOAC服用後の脳卒中、ワルファリン vs 他DOAC どちちへ切り替えるべきか? 直接経口抗凝固薬(DOAC)の使用にもかかわらず、心房細動患者では脳卒中再発リスクの増加が指摘されている。著者らは、DOACによる抗凝固療法失敗後の4つの異なるDOACまたはワルファリンによる治療の有効性と安全性を調査した。Journal of the American Heart Association誌2023年12月5日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む コーヒー摂取と因果関係のある"がん"は? コーヒー摂取とアポリポタンパク質Bレベルは、胃がん、大腸がん、および食道がんと関連していることが、最近の多くの研究で明らかにされているが、因果関係があるかどうかはまだ確立されていない。著者らは、これらの因果関係を評価するために、メンデルランダム化解析を行った。European Journal of Nutrition誌オンライン版2023年12月1日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 子どもに見せるとしたら、どんなコンテンツが望ましいか? 過度のスクリーンタイムはメンタルヘルス問題のリスク増加と関連しているが、その関連性がスクリーンコンテンツの種類によって異なるかどうかは不明である。著者らは、3~6歳の小児を対象に、さまざまなコンテンツタイプにおけるスクリーン露出の配分と縦断的変化を検討し、メンタルヘルスとの関連を探った。JAMA Pediatrics誌オンライン版2023年12月4日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号) 肥満に最も効く運動は? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.77(2023年11月30日号) 週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.76(2023年11月23日号) ブドウ、ブルーベリーが認知症を改善!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.75(2023年11月16日号) 座りっぱなしは、寝っぱなしよりもタチが悪い!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.74(2023年11月09日号) 多様な睡眠トラッカー、精度が高かったのはどれ? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.73(2023年11月02日号) 勃起不全に影響のある脂質とは? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.72(2023年10月26日号) 腸内細菌を介して、アルツハイマー病が伝染る!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.71(2023年10月19日号) ガイドラインでβ遮断薬が高血圧症の第一選択薬になったのは、是か非か? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.70(2023年10月12日号) 超低カロリーのケトジェニック食 vs. 低カロリーのバランス食 片頭痛予防に有効なのはどっち? ≫その他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.69(2023年10月5日号) 摂取すべき炭水化物、摂取すべきでない炭水化物とは? ≫その他4本
肥満に最も効く運動は? 他4本≫ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号)
肥満に最も効く運動は? 他4本≫ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号)
肥満に最も効く運動は? 過体重および肥満の患者における、内臓脂肪組織(VAT)および他の身体測定変数に対する様々な運動の効果を調査することを目的に、84件のランダム化比較試験のシステマティックレビューとネットワークメタ解析を行った。Obesity Reviews誌オンライン版2023年11月30日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む お肉は健康を害するか? 赤身肉の総摂取量、加工および未加工赤身肉の摂取量と2型糖尿病(T2D)リスクとの関係を評価し、赤身肉を異なるタンパク源に置き換えた場合のT2Dリスク低減効果を推定することを目的に、前向きコホート研究を行った。The American Journal of Clinical Nutrition誌2023年12月号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 【欧州 不眠症ガイドライン2023】推奨されない治療薬は? 2017年以降の不眠症分野の進歩により、欧州不眠症ガイドラインの更新が必要となった。不眠症とその合併症の診断手順、治療に関する推奨についてまとめた。Journal of Sleep Research誌2023年12月号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 筋トレに最適なタンパク質の種類と、摂取タイミングは? 筋力向上のための正確なタンパク質摂取に関する知見は未だ十分ではない。著者らは、筋肉量、筋力、身体能力に対する、最適なタンパク質の種類や、摂取タイミングを調査するため、ランダム化比較試験のネットワークメタ解析を実施した。International Journal of Sport Nutrition and Exercise Metabolism誌オンライン版2023年12月1日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 認知機能に有効なのは、ビタミンB〇? ビタミン摂取と認知機能の関係を精査するために、米国国民健康栄養調査(NHANES)の高齢者データベースを用いた横断研究を実施した。性別、人種、体格指数(BMI)に基づく層別化分析も行った。Journal of Translational Medicine誌2023年11月30日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.77(2023年11月30日号) 週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.76(2023年11月23日号) ブドウ、ブルーベリーが認知症を改善!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.75(2023年11月16日号) 座りっぱなしは、寝っぱなしよりもタチが悪い!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.74(2023年11月09日号) 多様な睡眠トラッカー、精度が高かったのはどれ? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.73(2023年11月02日号) 勃起不全に影響のある脂質とは? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.72(2023年10月26日号) 腸内細菌を介して、アルツハイマー病が伝染る!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.71(2023年10月19日号) ガイドラインでβ遮断薬が高血圧症の第一選択薬になったのは、是か非か? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.70(2023年10月12日号) 超低カロリーのケトジェニック食 vs. 低カロリーのバランス食 片頭痛予防に有効なのはどっち? ≫その他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.69(2023年10月5日号) 摂取すべき炭水化物、摂取すべきでない炭水化物とは? ≫その他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.68(2023年9月28日号) Gスポットは神話?現実? ≫その他4本
週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? 他4本≫ Journal Check Vol.77(2023年11月30日号)
週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? 他4本≫ Journal Check Vol.77(2023年11月30日号)
週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? 著者らは、2017〜2018 年の米国国民健康栄養調査(NHANES)における20歳以上の参加者3,400人を対象に、週末の寝だめと心血管疾患有病率との関係を調査した。Sleep Health誌オンライン版2023年11月23日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 高血圧リスクが低下するのは、トマト1日〇g? 臨床研究では、トマト摂取が血圧に及ぼす影響について矛盾する証拠が示されており、疫学研究のデータも限られている。著者らは、心血管リスクの高い高齢者を対象とした3年間の前向き縦断研究において、トマト摂取が収縮期血圧・拡張期血圧・高血圧リスクと関連するかどうかを評価した。European Journal of Preventive Cardiology誌オンライン版2023年11月24日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 理想的なタンパク質摂取は、体重当たり1日〇g? 2005年に医学研究所は、タンパク質必要量の算出に窒素出納(NB)法以外を推奨した。それ以来、指標アミノ酸酸化(IAAO)法によるタンパク質必要量が発表されているが、NB法の値よりも高くなっている。著者らは、タンパク質の適切性の指標となるグルタチオンの赤血球中動態を測定し、健康な成人におけるタンパク質必要量を決定した。The American Journal of Clinical Nutrition誌オンライン版2023年11月20日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 満遍なく食べる事は重要なのか? 著者らは、食物繊維と死亡リスクとの関連性を包括的に調査することを目的に、食物繊維の総量およびサブタイプと、全死因死亡率、心血管疾患およびがんによる死亡率との関係に関する前向きコホート研究の用量反応メタ分析を行った。Food & Function誌オンライン版2023年11月24日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 1日〇mgのアントシアニジン摂取で、COPDリスク低下!? 環境金属への曝露と慢性閉塞性肺疾患(COPD)との関連性は明らかだが、COPDと重金属・フラボノイドの相互作用については、よくわかっていない。著者らは、米国国民健康栄養調査(NHANES)データベースを用いて、血中重金属濃度およびさまざまなフラボノイド化合物の摂取量とCOPD発生率との関係を評価した。BMC Public Health誌2023年11月24日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.76(2023年11月23日号) ブドウ、ブルーベリーが認知症を改善!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.75(2023年11月16日号) 座りっぱなしは、寝っぱなしよりもタチが悪い!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.74(2023年11月09日号) 多様な睡眠トラッカー、精度が高かったのはどれ? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.73(2023年11月02日号) 勃起不全に影響のある脂質とは? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.72(2023年10月26日号) 腸内細菌を介して、アルツハイマー病が伝染る!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.71(2023年10月19日号) ガイドラインでβ遮断薬が高血圧症の第一選択薬になったのは、是か非か? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.70(2023年10月12日号) 超低カロリーのケトジェニック食 vs. 低カロリーのバランス食 片頭痛予防に有効なのはどっち? ≫その他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.69(2023年10月5日号) 摂取すべき炭水化物、摂取すべきでない炭水化物とは? ≫その他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.68(2023年9月28日号) Gスポットは神話?現実? ≫その他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.67(2023年9月21日号) 陰茎のサイズ異常と醜形恐怖症の管理に関するガイドライン ≫その他4本