「Journal Check」の記事一覧

バター vs 植物油 他4本≫ Journal Check Vol.108(2024年7月18日号)
バター vs 植物油 他4本≫ Journal Check Vol.108(2024年7月18日号)
バター vs 植物油 現在の心血管代謝疾患予防ガイドラインでは、飽和脂肪を減らし、不飽和脂肪摂取を増やすことが推奨されている。著者らは、無作為化食事介入比較試験の脂質分析データを使用し、飽和脂肪を不飽和脂肪に置き換えることによる45種類の脂質代謝物濃度への影響を反映したマルチ脂質スコア(MLS)を作成し、MLSと心血管疾患や2型糖尿病発生率との関係を調査した。Nature Medicine誌オンライン版2024年7月11日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 患者の自己申告はどこまであてに出来るか? 患者の体力に関する知識は医療上の意思決定に役立つが、客観的な評価は困難で時間がかかる。著者らは、自己申告による健康状態と身体機能が、身体能力の客観的指標である6分間歩行距離(6MWD)と一致するかどうかを調査するために前向きコホート研究を行った。Scientific Reports誌2024年7月14日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 結局、健康な高齢者にビタミンDは推奨されるか? ビタミンDは骨代謝の重要な要素であることはよく知られているが、健康な高齢者の骨折予防に対するビタミンD補給の有効性と安全性はまだ明らかではない。著者らは、ビタミンD補給とプラセボを比較するメタアナリシスを行い、骨折発生率への寄与を検討した。Journal of General Internal Medicine誌オンライン版2024年7月12日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 女性アスリートにおける理想の栄養戦略とは? 「食事やサプリメントのアプローチを含むどのような食事戦略が、女性アスリートや身体的に活動的な女性のスポーツパフォーマンス、回復、健康状態を改善できるか?」という疑問を解決するために、系統的レビューを行った。Nutrition Reviews誌オンライン版2024年7月12日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む セマグルチド vs チルゼパチド 大規模臨床分析 2型糖尿病の治療薬であるセマグルチドまたはチルゼパチドを投与された過体重または肥満の成人における、治療期間中の体重減少および消化管有害事象の発現率を臨床設定で比較するために、後ろ向きコホート研究を実施した。JAMA Internal Medicine誌オンライン版2024年7月8日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.107(2024年7月11日号) コーヒーの健康効果はどこまで明らかになったか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.106(2024年7月4日号) CVDハイリスク患者の降圧目標:140mmHg vs 120mmHg 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.105(2024年6月27日号) 超加工食品の摂取で筋肉量が減少!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.104(2024年6月20日号) 中高年に最適な睡眠パターンは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.103(2024年6月13日号) ハムストリングスをより効果的に鍛えるトレーニングは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.102(2024年6月6日号) 骨粗鬆症予防には、コーヒー+紅茶を毎日〇杯? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.101(2024年5月30日号) オメガ3摂取で筋合成が促されるか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.100(2024年5月23日号) アンチエイジングに有効な化粧品の成分は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.99(2024年5月16日号) 結局、卵は1日何個までか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.98(2024年5月9日号) 筋トレによる筋肥大は、鍛えない筋肉を犠牲にしている? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.97(2024年5月2日号) 老い知らずの鍵は「アルカリ性」食品!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.96(2024年4月25日号) コーヒーが座りっぱなしの悪影響を打ち消す!? 他4本
コーヒーの健康効果はどこまで明らかになったか? 他4本≫ Journal Check Vol.107(2024年7月11日号)
コーヒーの健康効果はどこまで明らかになったか? 他4本≫ Journal Check Vol.107(2024年7月11日号)
コーヒーの健康効果はどこまで明らかになったか? 著者らは、コーヒー摂取が心血管代謝系に与える影響について、長期観察研究と介入研究の包括的なレビューを実施した。GeroScience誌オンライン版2024年7月4日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む キツい筋トレは筋肥大・筋力に寄与するか? 筋トレ1セット内での限界までの追い込みは、重要なレジスタンストレーニング変数になりうるとして注目されている。著者らは、限界までの追い込みをRIR(限界まであと何回できるか)として定量化し、RIRと筋肥大・筋力との用量反応関係を調査した。Sports Medicine誌オンライン版2024年7月6日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む Long COVID 3,6,12ヶ月後の有病率は? 著者らは、世界におけるCOVID後症候群(Post-COVID Syndrome: PCS)の有病率を推定するために、2020年1月〜2024年4月までに発表された文献について、系統的レビューとメタ解析を実施した。BMC Public Health誌2024年7月4日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 筋肉痛予防に最適なマグネシウム摂取のタイミング・量とは? マグネシウムはトレーニング後の遅発性筋肉痛に重要な役割を果たすとされるが、その摂取の種類、タイミング、用量については十分に解明されていない。著者らは、身体活動が多い人の筋肉痛に対するマグネシウム摂取の効果に関する文献について、系統的レビューを実施した。Journal of Translational Medicine誌2024年7月5日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む パフォーマンス向上に最適なカフェイン量は? 著者らは、男性バスケットボール選手における、プライオメトリックジャンプトレーニング前の異なる用量のカフェイン摂取が、スポーツ関連パフォーマンスおよび生理学的パラメータに及ぼす影響を調査した。Scientific Reports誌2024年7月6日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.106(2024年7月4日号) CVDハイリスク患者の降圧目標:140mmHg vs 120mmHg 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.105(2024年6月27日号) 超加工食品の摂取で筋肉量が減少!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.104(2024年6月20日号) 中高年に最適な睡眠パターンは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.103(2024年6月13日号) ハムストリングスをより効果的に鍛えるトレーニングは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.102(2024年6月6日号) 骨粗鬆症予防には、コーヒー+紅茶を毎日〇杯? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.101(2024年5月30日号) オメガ3摂取で筋合成が促されるか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.100(2024年5月23日号) アンチエイジングに有効な化粧品の成分は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.99(2024年5月16日号) 結局、卵は1日何個までか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.98(2024年5月9日号) 筋トレによる筋肥大は、鍛えない筋肉を犠牲にしている? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.97(2024年5月2日号) 老い知らずの鍵は「アルカリ性」食品!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.96(2024年4月25日号) コーヒーが座りっぱなしの悪影響を打ち消す!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.95(2024年4月18日号) より効果的な筋トレはどちらか? スプリットルーティーン vs フルボディルーティーン 他4本
CVDハイリスク患者の降圧目標:140mmHg vs 120mmHg 他4本≫ Journal Check Vol.106(2024年7月4日号)
CVDハイリスク患者の降圧目標:140mmHg vs 120mmHg 他4本≫ Journal Check Vol.106(2024年7月4日号)
CVDハイリスク患者の降圧目標:140mmHg vs 120mmHg 収縮期血圧を120mmHg未満に低下させることが140mmHg未満に低下させることより優れているかどうかは、特に糖尿病患者や脳卒中の既往のある患者において不確かである。著者らは、心血管リスクの高い患者1万1,255名を、診察室収縮期血圧120mmHg未満を目標とする集中治療群と、140mmHg未満を目標とする標準治療群に割り付け、無作為化比較試験を行った。The Lancet誌オンライン版2024年6月27日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む SGLT2阻害薬 vs GLP-1受容体作動薬 vs DPP-4阻害薬:高K血症リスクが低いのは? 日常診療での、2型糖尿病患者の高カリウム血症予防におけるSGLT2阻害薬 vs GLP-1受容体作動薬 vs DPP-4阻害薬の有効性を比較評価するため、2013年4月〜2022年4月の米国のメディケアおよび2つの大規模商業保険データベースの請求データを用いた人口ベースのコホート研究を行った。BMJ誌2024年6月26日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 「ケトン食」に対する国際スポーツ栄養学会の評価は? 国際スポーツ栄養学会(ISSN)は、運動パフォーマンスと体組成に焦点を当て、健康な成人におけるケトン食の使用について客観的かつ批判的なレビューを提供した。Journal of the International Society of Sports Nutrition誌オンライン版2024年6月27日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 軽度から中等度のニキビには、結局何が効く? ニキビは一般的な皮膚疾患であるが、外用療法の有効性を比較したデータはほとんどない。著者らは、軽度から中等度のニキビに対する外用療法の有効性を評価するため、系統的レビューとネットワークメタアナリシスを実施した。Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology誌オンライン版2024年6月29日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む いびきの〇〇が、認知症の初期指標になる? いびきは加齢とともに増加するが、認知症リスクとの関連については議論の余地がある。著者らは、いびきと認知症、BMIの関係を明らかにするために、前向きコホート研究およびメンデルランダム化解析を行った。Sleep誌オンライン版2024年6月29日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.105(2024年6月27日号) 超加工食品の摂取で筋肉量が減少!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.104(2024年6月20日号) 中高年に最適な睡眠パターンは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.103(2024年6月13日号) ハムストリングスをより効果的に鍛えるトレーニングは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.102(2024年6月6日号) 骨粗鬆症予防には、コーヒー+紅茶を毎日〇杯? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.101(2024年5月30日号) オメガ3摂取で筋合成が促されるか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.100(2024年5月23日号) アンチエイジングに有効な化粧品の成分は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.99(2024年5月16日号) 結局、卵は1日何個までか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.98(2024年5月9日号) 筋トレによる筋肥大は、鍛えない筋肉を犠牲にしている? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.97(2024年5月2日号) 老い知らずの鍵は「アルカリ性」食品!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.96(2024年4月25日号) コーヒーが座りっぱなしの悪影響を打ち消す!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.95(2024年4月18日号) より効果的な筋トレはどちらか? スプリットルーティーン vs フルボディルーティーン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.94(2024年4月11日号) 朝食抜きで起こる悪影響は? 他4本
超加工食品の摂取で筋肉量が減少!? 他4本≫ Journal Check Vol.105(2024年6月27日号)
超加工食品の摂取で筋肉量が減少!? 他4本≫ Journal Check Vol.105(2024年6月27日号)
超加工食品の摂取で筋肉量が減少!? 超加工食品の摂取と筋肉量の関係は明らかではない。著者らは、NHANES2011〜2018のデータを用いて、20〜59歳の男女7,173名を対象に、超加工食品の摂取と筋肉量との関連性を調査した。European Journal of Nutrition誌オンライン版2024年6月19日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 高血圧のリスクを増加/低下させる食べ物は? 観察研究により、食事因子と高血圧の関連性が明らかにされているが、メンデルランダム化を用いた研究はほとんど行われていない。著者らは、メンデルランダム化解析により、16の食事因子と高血圧の潜在的な因果関係を調査した。Journal of Health, Population, and Nutrition誌2024年6月21日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む COVID-19に効果的な栄養素は? 著者らは、食事摂取量と微量栄養素の血清レベル、栄養不良、食生活パターンがインフルエンザ、肺炎、急性呼吸器症候群などの呼吸器感染症とどのように関連するかについて、COVID-19を中心に最新の文献をレビューした。BMC Public Health誌2024年6月21日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 日本人のフレイル合併NVAF患者にDOACは有用か? 心房細動の患者数は増加傾向にあり、虚弱の有病率は加齢とともに増加する。高齢の日本人非弁膜症性心房細動(NVAF)患者における虚弱が抗凝固療法に及ぼす影響は不明である。著者らは、日本人のNVAF患者にリバーロキサバンを処方し、平均2.0年間モニタリングした。Scientific Reports誌2024年6月22日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 軽度のカロリー制限が若さの秘訣? 生物学的年齢を測定する時計は、死亡率を予測し、健康的な老化の促進に応用できると考えられている。著者らは、臨床データに基づく老化時計(PCAge)およびその簡略版(LinAge)を考案し、カロリー制限研究(CALERIE)のデータから、2年間の軽度カロリー制限で生物学的年齢が低下することを発見した。Nature Aging誌オンライン版2024年6月19日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.104(2024年6月20日号) 中高年に最適な睡眠パターンは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.103(2024年6月13日号) ハムストリングスをより効果的に鍛えるトレーニングは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.102(2024年6月6日号) 骨粗鬆症予防には、コーヒー+紅茶を毎日〇杯? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.101(2024年5月30日号) オメガ3摂取で筋合成が促されるか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.100(2024年5月23日号) アンチエイジングに有効な化粧品の成分は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.99(2024年5月16日号) 結局、卵は1日何個までか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.98(2024年5月9日号) 筋トレによる筋肥大は、鍛えない筋肉を犠牲にしている? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.97(2024年5月2日号) 老い知らずの鍵は「アルカリ性」食品!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.96(2024年4月25日号) コーヒーが座りっぱなしの悪影響を打ち消す!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.95(2024年4月18日号) より効果的な筋トレはどちらか? スプリットルーティーン vs フルボディルーティーン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.94(2024年4月11日号) 朝食抜きで起こる悪影響は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.93(2024年4月4日号) 老化しにくい最適な睡眠時間は? 他4本
中高年に最適な睡眠パターンは? 他4本≫ Journal Check Vol.104(2024年6月20日号)
中高年に最適な睡眠パターンは? 他4本≫ Journal Check Vol.104(2024年6月20日号)
中高年に最適な睡眠パターンは? 入眠時刻および睡眠時間と心代謝系の健康との関連は、あまり特徴付けられていない。著者らは、NHANES2015~2018の20~80歳の成人6,696人を対象とし、心代謝疾患リスクと最適な入眠時刻と十分な睡眠時間について調査した。Journal of the American Heart Association誌オンライン版2024年6月14日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 幸福に関連する9つの要素とは? ウェルビーイングは、自分の人生が楽しく充実したものであると広く定義され、アルツハイマー病や認知症リスクの低下と関連しているが、その根底にあるメカニズムはよくわかっていない。著者らは、ウェルビーイングとLancet委員会が定義した12個の認知症の危険因子との関連についてレビューを行った。Ageing Research Reviews誌オンライン版2024年6月14日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む クレアチン摂取 運動能力向上 vs 腎機能低下 クレアチンサプリメントは、運動能力を向上させると考えられており、フィットネス愛好家の間で広く摂取されているが、腎機能に対する影響についての懸念も高まっている。著者らは、この関連性についてメンデルランダム化解析を用いて検討した。Renal Failure誌オンライン版2024年6月14日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 発症4.5時間後でもテネクテプラーゼは有効か? テネクテプラーゼは、脳卒中発症後4.5時間以内の治療において有効な血栓溶解薬であるが、4.5時間以降の投与の有効性に関するデータは限られている。著者らは、発症後4.5〜24時間の患者をテネクテプラーゼによる治療群と、標準治療群に無作為に割り付け、比較試験を行った。The New England Journal of Medicine誌オンライン版2024年6月14日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 寝不足で失われた記憶は取り戻せるか? 睡眠は記憶の定着に好影響を与え、海馬における覚醒時の体験の再活性化と再生は、このプロセスに極めて重要と考えられている。しかし、睡眠不足がこれらのパターンにどのような影響を与えるかはほとんど知られていない。著者らはラットを用いて、迷路探索、睡眠、睡眠遮断、回復睡眠時の、CA1ニューロンの活動を12時間にわたり記録した。Nature誌オンライン版2024年6月12日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.103(2024年6月13日号) ハムストリングスをより効果的に鍛えるトレーニングは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.102(2024年6月6日号) 骨粗鬆症予防には、コーヒー+紅茶を毎日〇杯? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.101(2024年5月30日号) オメガ3摂取で筋合成が促されるか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.100(2024年5月23日号) アンチエイジングに有効な化粧品の成分は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.99(2024年5月16日号) 結局、卵は1日何個までか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.98(2024年5月9日号) 筋トレによる筋肥大は、鍛えない筋肉を犠牲にしている? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.97(2024年5月2日号) 老い知らずの鍵は「アルカリ性」食品!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.96(2024年4月25日号) コーヒーが座りっぱなしの悪影響を打ち消す!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.95(2024年4月18日号) より効果的な筋トレはどちらか? スプリットルーティーン vs フルボディルーティーン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.94(2024年4月11日号) 朝食抜きで起こる悪影響は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.93(2024年4月4日号) 老化しにくい最適な睡眠時間は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.92(2024年3月28日号) 時間がない人に、最も効率的な筋トレは? 他4本
ハムストリングスをより効果的に鍛えるトレーニングは? 他4本≫ Journal Check Vol.103(2024年6月13日号)
ハムストリングスをより効果的に鍛えるトレーニングは? 他4本≫ Journal Check Vol.103(2024年6月13日号)
ハムストリングスをより効果的に鍛えるトレーニングは? ハムストリングスは短距離走で重要な役割を果たすが、特に大腿二頭筋長頭は、筋肉の緊張による損傷を受けやすい。著者らは、2種類のトレーニング(ノルディックハムストリングまたは伸張状態エキセントリックトレーニング)前後の筋容積や腱膜面積、筋力を比較した。Medicine and Science in Sports and Exercise誌オンライン版2024年6月6日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む ビタミンD摂取を推奨すべき人とは? 25-ヒドロキシビタミンD[25(OH)D]の血清濃度は多くの疾患と関連しているが、因果関係は明確ではなく、適切なビタミンD摂取と25(OH)D検査については結論が出ていない。著者らは系統的レビューを行い、ビタミンDの使用に関する臨床ガイドラインを策定した。The Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism誌オンライン版2024年6月3日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む キシリトールが心血管疾患リスクを高める!? 低カロリー甘味料は加工食品に広く使用されている砂糖の代用品であり、健康上の利点があると考えられているが、心血管疾患リスクへの影響は不明である。著者らは、キシリトールと心血管疾患リスクとの関連を調査した。European Heart Journal誌オンライン版2024年6月6日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む アトピー性皮膚炎は、〇〇摂取制限で改善する? 食事とアトピー性皮膚炎の関連性は十分に解明されていないが、疾患経過の不均一性の説明に役立つ可能性がある。著者らは、尿中ナトリウムをバイオマーカーとして推定される高レベルの食事性ナトリウム摂取量がアトピー性皮膚炎とどの程度関連するかを明らかにするために横断研究を行った。JAMA Dermatology誌オンライン版2024年6月5日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 赤ワイン vs 白ワイン 炎症マーカーを低下させるのは? 適度な赤ワインの摂取は、心血管疾患(CVD)リスクを軽減することが知られている。著者らは、白ワインと比較した、健康な人およびCVDの高リスク被験者におけるアテローム性動脈硬化症関連の炎症マーカーに対する赤ワインの影響を評価した。Medicine誌2024年6月7日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.102(2024年6月6日号) 骨粗鬆症予防には、コーヒー+紅茶を毎日〇杯? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.101(2024年5月30日号) オメガ3摂取で筋合成が促されるか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.100(2024年5月23日号) アンチエイジングに有効な化粧品の成分は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.99(2024年5月16日号) 結局、卵は1日何個までか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.98(2024年5月9日号) 筋トレによる筋肥大は、鍛えない筋肉を犠牲にしている? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.97(2024年5月2日号) 老い知らずの鍵は「アルカリ性」食品!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.96(2024年4月25日号) コーヒーが座りっぱなしの悪影響を打ち消す!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.95(2024年4月18日号) より効果的な筋トレはどちらか? スプリットルーティーン vs フルボディルーティーン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.94(2024年4月11日号) 朝食抜きで起こる悪影響は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.93(2024年4月4日号) 老化しにくい最適な睡眠時間は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.92(2024年3月28日号) 時間がない人に、最も効率的な筋トレは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.91(2024年3月21日号) パンダが白黒である理由は? 他4本
骨粗鬆症予防には、コーヒー+紅茶を毎日〇杯? 他4本≫ Journal Check Vol.102(2024年6月6日号)
骨粗鬆症予防には、コーヒー+紅茶を毎日〇杯? 他4本≫ Journal Check Vol.102(2024年6月6日号)
骨粗鬆症予防には、コーヒー+紅茶を毎日〇杯? コーヒーと紅茶の摂取と骨粗鬆症との関連は大いに議論されているが、2つの飲料の複合効果に焦点を当てた研究はほとんどない。著者らは、コーヒーと紅茶の摂取と骨粗鬆症リスクとの独立および複合的な関連を調べるために、48万7,594人を対象とした前向きコホート研究を行った。Bone誌オンライン版2024年5月29日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 枕が高いと脳卒中になる!? 特発性椎骨動脈解離(sVAD)の根本的な原因は、十分に解明されていない。著者らは、高枕の使用がsVADのリスク増加と関連するかどうかを明らかにし、高枕の使用に起因するsVADの頻度を評価するために、症例対照研究を行った。症例群は、日本の認定包括的脳卒中センターで治療を受けたsVAD患者とした。European Stroke Journal誌6月号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 心不全ガイドライン 新たな推奨事項は? 過去数年間に心不全管理には大きな進歩があった。2021年版心不全ガイドラインの2023年更新版の内容についてレビューする。ESC Heart Failure誌オンライン版2024年5月28日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む アルツハイマー病のリスク低減/進行予防に、筋トレは最低週何回必要? 認知症、特にアルツハイマー病(AD)は、修正可能なリスク因子、特に運動不足と関連している。しかし、認知機能への効果は一般的に有酸素運動によるものとされ、レジスタンス運動(RE)はあまり注目されていない。著者らは、ADに関連する脳構造と認知障害に対するREの影響を評価した。Ageing Research Reviews誌オンライン版2024年5月30日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む ピーナッツは〇歳までに摂取すべき!? ランダム化ピーナッツ摂取試験の参加者を対象に、長期間自由にピーナッツを食べたり、避けたりした後の144ヵ月齢時のピーナッツアレルギー発症率を追跡調査した。NEJM Evidence誌2024年6月号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.101(2024年5月30日号) オメガ3摂取で筋合成が促されるか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.100(2024年5月23日号) アンチエイジングに有効な化粧品の成分は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.99(2024年5月16日号) 結局、卵は1日何個までか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.98(2024年5月9日号) 筋トレによる筋肥大は、鍛えない筋肉を犠牲にしている? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.97(2024年5月2日号) 老い知らずの鍵は「アルカリ性」食品!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.96(2024年4月25日号) コーヒーが座りっぱなしの悪影響を打ち消す!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.95(2024年4月18日号) より効果的な筋トレはどちらか? スプリットルーティーン vs フルボディルーティーン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.94(2024年4月11日号) 朝食抜きで起こる悪影響は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.93(2024年4月4日号) 老化しにくい最適な睡眠時間は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.92(2024年3月28日号) 時間がない人に、最も効率的な筋トレは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.91(2024年3月21日号) パンダが白黒である理由は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.90(2024年3月14日号) ”精製炭水化物”で顔の魅力が低下する!? 他4本
オメガ3摂取で筋合成が促されるか? 他4本≫ Journal Check Vol.101(2024年5月30日号)
オメガ3摂取で筋合成が促されるか? 他4本≫ Journal Check Vol.101(2024年5月30日号)
オメガ3摂取で筋合成が促されるか? オメガ3系多価不飽和脂肪酸(n-3 PUFA)摂取が高齢者の筋タンパク質合成(MPS)率に及ぼす影響を検討した文献が増加しているが、その結果はまちまちである。著者らは、健康な成人と臨床集団におけるMPSおよび全身タンパク質合成率に対するn-3 PUFA摂取の効果を調査するために、系統的レビューとメタ解析を行った。Nutrition Reviews誌オンライン版2024年5月23日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 健康のためにより重視すべきは、時間か歩数か? 米国の現行の身体活動(PA)ガイドラインでは、健康のための中等度〜強度のPA(MVPA)時間を週150分以上と規定している。一方で、歩数に基づく推奨は、エビデンス不十分のため発表されていない。著者らは、1万4,399人の女性を対象に、MVPA時間および歩数と全死因死亡率および心血管疾患との関連を調査した。JAMA Internal Medicine誌オンライン版2024年5月20日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 魚油サプリメントがマイナスに働いてしまう人は? オメガ3脂肪酸や魚油が心血管疾患リスクに与える影響については議論の余地がある。著者らは、健康な状態(一次段階)から心房細動(二次段階)、主要な心血管系有害事象(三次段階)、死亡(末期段階)までの心血管疾患のさまざまな進行段階における魚油サプリメントの影響を検証するために、前向きコホート研究を行った。BMJ Medicine誌オンライン版2024年5月21日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 抹茶で歯周病予防!? Porphyromonas gingivalis(以下P.gingivalis)は、歯周組織の炎症や破壊を特徴とする歯周病の進行に関連している。著者らは、アズレン、麦茶と比較した抹茶のP.gingivalisの増殖や歯周ポケットに対する効果について検討した。Microbiology Spectrum誌オンライン版2024年5月21日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 超加工食品 vs 地中海食/DASH食/MIND食 超加工食品(UPF)は、心代謝性疾患や、認知機能低下や脳卒中などの神経学的転帰と関連しているが、食事パターンと無関係に、UPFが神経学的リスクをもたらすかどうかは明らかではない。著者らは、①UPFと認知障害および脳卒中の発症との関連性 ②これらの関連性と健康的な食事パターン遵守との関係を調査した。Neurology誌オンライン版2024年5月22日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.100(2024年5月23日号) アンチエイジングに有効な化粧品の成分は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.99(2024年5月16日号) 結局、卵は1日何個までか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.98(2024年5月9日号) 筋トレによる筋肥大は、鍛えない筋肉を犠牲にしている? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.97(2024年5月2日号) 老い知らずの鍵は「アルカリ性」食品!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.96(2024年4月25日号) コーヒーが座りっぱなしの悪影響を打ち消す!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.95(2024年4月18日号) より効果的な筋トレはどちらか? スプリットルーティーン vs フルボディルーティーン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.94(2024年4月11日号) 朝食抜きで起こる悪影響は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.93(2024年4月4日号) 老化しにくい最適な睡眠時間は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.92(2024年3月28日号) 時間がない人に、最も効率的な筋トレは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.91(2024年3月21日号) パンダが白黒である理由は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.90(2024年3月14日号) ”精製炭水化物”で顔の魅力が低下する!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.89(2024年3月7日号) 筋トレ+BCAAによる筋力増加は、食物繊維サプリで促進されるか? 他4本
アンチエイジングに有効な化粧品の成分は? 他4本≫ Journal Check Vol.100(2024年5月23日号)
アンチエイジングに有効な化粧品の成分は? 他4本≫ Journal Check Vol.100(2024年5月23日号)
アンチエイジングに有効な化粧品の成分は? 化粧品には、肌の見た目を改善する可能性がある成分が含まれている。著者らは、アンチエイジングのための化粧品使用に関する臨床研究を調査し、有効性と安全性のエビデンスに基づいた推奨事項を提供することを目的として、系統的レビューを行った。Archives of Dermatological Research誌2024年5月17日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 超加工食品摂取で神経変性疾患リスクがどれだけ上がる? 超加工食品の摂取と、多発性硬化症、パーキンソン病、アルツハイマー病、認知障害、認知症などの神経変性疾患との関係を明らかにすることを目的として、系統的レビューとメタ解析を行った。Nutritional Neuroscience誌オンライン版2024年5月16日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む がん発症を7年前に予知できる!? 英国バイオバンク参加者における1,463の血漿タンパク質と19のがんの発生率との関連について前向きに調査(平均12年間の追跡調査)した。Nature Communications誌2024年5月15日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む タウリンの効果効能は? タウリンは、メタボリックシンドローム(MetS)の潜在的な治療薬として注目されている。著者らは、MetS関連パラメーターに対するタウリン補給の効果を評価するために、ランダム化比較試験の系統的レビューとメタ解析を行った。Nutrition & Diabetes誌2024年5月16日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 便秘にはビタミンB1!? 多くの研究により、食事からの微量栄養素の摂取と便秘との間に相関関係があることが示されているが、便秘とビタミンB1との相関関係は未調査のままである。著者らは、米国国民健康栄養調査(NHANES)の成人参加者における慢性便秘と食事中のビタミンB1摂取量との関連を調べるために横断研究を行った。BMC Gastroenterology誌2024年5月17日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.99(2024年5月16日号) 結局、卵は1日何個までか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.98(2024年5月9日号) 筋トレによる筋肥大は、鍛えない筋肉を犠牲にしている? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.97(2024年5月2日号) 老い知らずの鍵は「アルカリ性」食品!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.96(2024年4月25日号) コーヒーが座りっぱなしの悪影響を打ち消す!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.95(2024年4月18日号) より効果的な筋トレはどちらか? スプリットルーティーン vs フルボディルーティーン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.94(2024年4月11日号) 朝食抜きで起こる悪影響は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.93(2024年4月4日号) 老化しにくい最適な睡眠時間は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.92(2024年3月28日号) 時間がない人に、最も効率的な筋トレは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.91(2024年3月21日号) パンダが白黒である理由は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.90(2024年3月14日号) ”精製炭水化物”で顔の魅力が低下する!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.89(2024年3月7日号) 筋トレ+BCAAによる筋力増加は、食物繊維サプリで促進されるか? 他4本
結局、卵は1日何個までか? 他4本≫ Journal Check Vol.99(2024年5月16日号)
結局、卵は1日何個までか? 他4本≫ Journal Check Vol.99(2024年5月16日号)
結局、卵は1日何個までか? 卵摂取が心血管系の健康に及ぼす潜在的な影響については意見が分かれている。著者らは、冠状動脈性心疾患または脳卒中の既往がある成人の卵摂取量と死亡率との関係を調査するためにコホート研究を行った。Archives of Gerontology and Geriatrics誌オンライン版2024年5月6日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む コーヒーが若さの秘訣!? これまでの研究で、コーヒー摂取には健康上の利点がある可能性が示唆されているが、コーヒーの生物学的年齢に対する影響は明らかにされていない。著者らは、米国国民健康栄養調査(NHANES)を用いて、コーヒー摂取が生物学的年齢に及ぼす影響を調査した。Food & Function誌オンライン版2024年5月10日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む RWDで判明!メトホルミンに追加すべき血糖降下薬とは? 日常診療で二次治療を必要とする2型糖尿病患者に対して、メトホルミンに加えて一般的に処方される3種類の経口血糖降下薬(SU薬/DPP-4阻害薬/SGLT2阻害薬)の有効性を比較することを目的に、有効性比較試験を模倣するコホート研究を行った。BMJ誌2024年5月8日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 特に健康に悪い超加工食品とは? 超加工食品の摂取と全原因死亡率および死因別死亡率との関連を調査するために、集団ベースのコホート研究を行った。超加工食品全体および、超加工食品を相互に排他的に分類した9つのサブグループについて分析した。BMJ誌2024年5月8日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 日本における80歳以上の患者の免疫チェックポイント阻害薬の安全性 免疫チェックポイント阻害薬は様々な癌の治療に不可欠であるが、高齢患者では安全性に懸念が残る。著者らは、80歳以上の患者における免疫関連有害事象の発生率を評価し、その発生に関連する潜在的な危険因子を同定するために、後ろ向きコホート研究を行った。Cancer Immunology, iImmunotherapy誌2024年5月11日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.98(2024年5月9日号) 筋トレによる筋肥大は、鍛えない筋肉を犠牲にしている? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.97(2024年5月2日号) 老い知らずの鍵は「アルカリ性」食品!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.96(2024年4月25日号) コーヒーが座りっぱなしの悪影響を打ち消す!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.95(2024年4月18日号) より効果的な筋トレはどちらか? スプリットルーティーン vs フルボディルーティーン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.94(2024年4月11日号) 朝食抜きで起こる悪影響は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.93(2024年4月4日号) 老化しにくい最適な睡眠時間は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.92(2024年3月28日号) 時間がない人に、最も効率的な筋トレは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.91(2024年3月21日号) パンダが白黒である理由は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.90(2024年3月14日号) ”精製炭水化物”で顔の魅力が低下する!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.89(2024年3月7日号) 筋トレ+BCAAによる筋力増加は、食物繊維サプリで促進されるか? 他4本
筋トレによる筋肥大は、鍛えない筋肉を犠牲にしている? 他4本≫ Journal Check Vol.98(2024年5月9日号)
筋トレによる筋肥大は、鍛えない筋肉を犠牲にしている? 他4本≫ Journal Check Vol.98(2024年5月9日号)
筋トレによる筋肥大は、鍛えない筋肉を犠牲にしている? レジスタンストレーニング(RT)による筋肥大は鍛えた部位に限定され、鍛えていない部位に何が起こるかはほとんど不明である。著者らは、上腕および上腿を対象とした10週間の単関節RTプログラム中の、鍛えた17の筋肉と鍛えていない13の筋肉の体積変化を調査した。Medicine and Science in Sports and Exercise誌オンライン版2024年5月1日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 日本人の最適な1日歩数は? 1日の歩数と死亡率や疾患リスクとの関連に関する証拠は蓄積されているが、1日の歩数が健康寿命と関連するかどうかは不明である。著者らは、2019年に日本の一般人口を無作為抽出して実施された国民生活基礎調査と国民健康・栄養調査の結合データセットを使用し、1日の歩数と、日常生活における活動制限および自己評価による健康状態との関連を評価した。BMJ Health & Care Informatics誌2024年4月30日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 世界の腰痛管理に関する臨床ガイドラインの比較研究 腰痛は世界的に重大な健康問題であり、一般成人における生涯有病率は84%である。著者らは、世界中の腰痛管理に関する最近の臨床診療ガイドラインの推奨事項を特定し、比較することを目的としたレビューを実施した。BMC Musculoskeletal Disorders誌2024年5月1日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む スマートウォッチの精度はいかに!? 手首に装着する慣性センサーは、デジタルヘルスにおいて、現実世界環境での運動能力評価に使用されている。著者らは、様々な疾病を有する集団を対象に、手首に装着する慣性センサーと、腰に装着する慣性センサーの性能を比較検証した。JMIR Formative Research誌2024年5月1日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 食生活改善で、平均余命は〇年延長!? より健康的な食事は、さまざまな健康上の好ましい結果と関連している。著者らは、身長、体重、身体活動レベルを調整したうえで、食事の変化が平均余命の延長に及ぼす影響を推定した。The American Journal of Clinical Nutrition誌オンライン版2024年4月29日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.97(2024年5月2日号) 老い知らずの鍵は「アルカリ性」食品!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.96(2024年4月25日号) コーヒーが座りっぱなしの悪影響を打ち消す!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.95(2024年4月18日号) より効果的な筋トレはどちらか? スプリットルーティーン vs フルボディルーティーン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.94(2024年4月11日号) 朝食抜きで起こる悪影響は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.93(2024年4月4日号) 老化しにくい最適な睡眠時間は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.92(2024年3月28日号) 時間がない人に、最も効率的な筋トレは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.91(2024年3月21日号) パンダが白黒である理由は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.90(2024年3月14日号) ”精製炭水化物”で顔の魅力が低下する!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.89(2024年3月7日号) 筋トレ+BCAAによる筋力増加は、食物繊維サプリで促進されるか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.88(2024年2月29日号) 筋トレは、どこまで追い込むべきか? 他4本
老い知らずの鍵は「アルカリ性」食品!? 他4本≫ Journal Check Vol.97(2024年5月2日号)
老い知らずの鍵は「アルカリ性」食品!? 他4本≫ Journal Check Vol.97(2024年5月2日号)
老い知らずの鍵は「アルカリ性」食品!? 「スーパーエイジャー」、つまり 20~30歳若い人と同等の記憶力を持つ80歳以上の個人と食事性酸負荷(DAL)との関係は、さらなる調査が必要な分野である。そこで著者らは、米国国民健康栄養調査(NHANES)データを利用し、認知機能に対するDALの影響を評価した。The Journal of Nutrition, Health & Aging誌オンライン版2024年4月24日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 健康No.1 スポーツはどれだ? 野球、クリケット、クロスカントリースキー、サイクリング、ダウンヒルスキー、サッカー、ゴルフ、柔道、ラグビー、ランニング、水泳などの様々なレクリエーションスポーツへの参加による身体的健康上の利点に関する研究について、系統的レビューとメタ解析を行った。Sports Medicine - Open誌2024年4月24日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む ビタミンCが睡眠の質に影響する!? ビタミンCは人間にとって重要な微量栄養素であるが、ビタミンCと睡眠障害との関連性はあまり研究されていない。著者らは、血清中のビタミンCと睡眠障害との関連を調査するため、米国国民健康栄養調査(NHANES、2017-2018)の分析を行った。Scientific Reports誌2024年4月27日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 医師 × 患者の性別による死亡率・再入院率の差 患者の臨床転帰に対する医師の性別の影響が、患者の性別によって異なるかどうかについてはほとんど知られていない。著者らは、医師の性別と病院での転帰との関連が、入院した女性患者と男性患者の間で異なるかどうかを調べるために、後ろ向き観察研究を行った。Annals of Internal Medicine誌オンライン版2024年4月23日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 乳がん患者の腋窩リンパ節郭清は本当に必要か? 術前補助化学療法でリンパ節転移陽性から陰性にダウンステージした乳がん患者における腋窩リンパ節郭清(ALND)を省略した後の腫瘍学的転帰に関するデータは少ない。著者らは、ALNDを省略した患者の3年後・5年後の再発率を調査するため、多施設後ろ向きコホート研究を行った。JAMA Oncology誌オンライン版2024年4月25日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.96(2024年4月25日号) コーヒーが座りっぱなしの悪影響を打ち消す!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.95(2024年4月18日号) より効果的な筋トレはどちらか? スプリットルーティーン vs フルボディルーティーン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.94(2024年4月11日号) 朝食抜きで起こる悪影響は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.93(2024年4月4日号) 老化しにくい最適な睡眠時間は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.92(2024年3月28日号) 時間がない人に、最も効率的な筋トレは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.91(2024年3月21日号) パンダが白黒である理由は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.90(2024年3月14日号) ”精製炭水化物”で顔の魅力が低下する!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.89(2024年3月7日号) 筋トレ+BCAAによる筋力増加は、食物繊維サプリで促進されるか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.88(2024年2月29日号) 筋トレは、どこまで追い込むべきか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.87(2024年2月22日号) 筋トレ vs ウォーキング vs ヨガ vs SSRI 他4本