「Journal Check」の記事一覧

より効果的な筋トレはどちらか? スプリットルーティーン vs フルボディルーティーン 他4本≫ Journal Check Vol.95(2024年4月18日号)
より効果的な筋トレはどちらか? スプリットルーティーン vs フルボディルーティーン 他4本≫ Journal Check Vol.95(2024年4月18日号)
より効果的な筋トレはどちらか? スプリットルーティーン vs フルボディルーティーン 筋肉量と筋力増加のために一般的に行われる2つの筋トレルーティン(スプリットルーティンとフルボディルーティン)の効果を系統的に比較した先行研究はない。著者らは、システマティックレビューとメタ解析を実施し、健康成人の筋力と筋成長に対する効果を比較した。Journal of Strength and Conditioning Research誌オンライン版2024年4月9日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 炎症反応に対するコーヒー vs 紅茶 vs アルコール 炎症性疾患に対するコーヒー、紅茶、アルコールの影響を調べる研究は数多くあるが、循環炎症性サイトカインに対する直接的な影響については、決定的な証拠がない。著者らは、これらの飲料摂取が循環炎症性サイトカインに及ぼす影響を調べるために、2サンプルのメンデルランダム化研究を行った。European Journal of Clinical Nutrition誌オンライン版2024年4月12日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む AGAに対するミノキシジル 経口 vs 塗布 男性型脱毛症(AGA)治療における経口ミノキシジルへの関心が高まっているが、比較治療試験での有効性は評価されていない。著者らは、AGAの男性患者を対象に、1日1回5mgの経口ミノキシジルと1日2回の5%ミノキシジル外用液の有効性、安全性、忍容性を比較するために、24週間の二重盲検プラセボ対照無作為化臨床試験を実施した。JAMA Dermatology誌オンライン版2024年4月10日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 食事の一部を肉 → 乳製品に変えたら、CVDリスクは減少するか? 総肉、赤身肉、加工肉、鶏肉からの飽和脂肪酸(SFA)摂取の一部を総乳製品、牛乳、チーズ、ヨーグルトからのSFAに置き換えることで、CVD発症率が変化するかどうかを調査するために、がんと栄養に関する欧州前向き調査(EPIC)の縦断データを解析した。The American Journal of Clinical Nutrition誌オンライン版2024年4月10日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 100%ジュースは本当に悪か? 観察研究や前向きコホート研究では、加糖飲料(SSB)および純粋なフルーツジュース(PFJ)摂取と心血管疾患(CVD)との関連が明らかとなったが、因果関係は特定されていない。著者らは、SSB/PFJと6つのCVD(心房細動、狭心症、心不全、急性心筋梗塞、高血圧、冠動脈アテローム性動脈硬化症)との因果関係を調べるために、メンデルランダム化解析を行った。European Journal of Clinical Nutrition誌オンライン版2024年4月12日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.94(2024年4月11日号) 朝食抜きで起こる悪影響は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.93(2024年4月4日号) 老化しにくい最適な睡眠時間は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.92(2024年3月28日号) 時間がない人に、最も効率的な筋トレは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.91(2024年3月21日号) パンダが白黒である理由は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.90(2024年3月14日号) ”精製炭水化物”で顔の魅力が低下する!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.89(2024年3月7日号) 筋トレ+BCAAによる筋力増加は、食物繊維サプリで促進されるか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.88(2024年2月29日号) 筋トレは、どこまで追い込むべきか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.87(2024年2月22日号) 筋トレ vs ウォーキング vs ヨガ vs SSRI 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.86(2024年2月15日号) ”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号) 日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本
朝食抜きで起こる悪影響は? 他4本≫ Journal Check Vol.94(2024年4月11日号)
朝食抜きで起こる悪影響は? 他4本≫ Journal Check Vol.94(2024年4月11日号)
朝食抜きで起こる悪影響は? これまでの研究で、朝食抜きと精神的健康問題のリスク上昇との間に相関関係が確認されている。著者らは、朝食欠食とさまざまな精神疾患、神経疾患、認知能力、虚弱性との間の因果関係を調査するため、ヨーロッパの人口動態におけるゲノムワイド関連研究データを利用し、2サンプルのメンデルランダム化解析を実施した。BMC Psychiatry誌2024年4月2日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む ドライアイは睡眠障害を疑え!? 睡眠の質とドライアイとの関連性を系統的に検討するため、41万9,218人の参加者を含む21件の研究について、文献レビューとメタ分析を行った。BMC Ophthalmology誌2024年4月5日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 心筋梗塞後のβ遮断薬は、意味がない!? 心筋梗塞後のβ遮断薬投与の利点を示した試験の多くは、広範囲心筋梗塞患者における、古い時代の治療法に基づいたものである。著者らは、左室駆出率50%以上の急性心筋梗塞患者を、β遮断薬投与有無に無作為に割り付け、全死亡と心筋梗塞再発をエンドポイントとした並行群間非盲検試験を行った。The New England Journal of Medicine誌オンライン版2024年4月7日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 出血患者に対するDOAC中止のガイドライン 欧州麻酔・集中治療学会(ESAIC)により、DOACによる出血の緊急処置と、緊急処置を受けるDOAC服用患者の管理方法について、エビデンスに基づいた推奨事項と提案を提供するためのガイドラインが作成された。European Journal of Anaesthesiology誌オンライン版2024年4月4日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 人工甘味料は本当にがんリスクを高めるか? 人工甘味料(AS)摂取ががんリスクと因果関係があるかどうかは明らかではない。著者らは、2サンプルのメンデルランダム化法を用いて、AS摂取とがんリスクとの因果関係を調べた。Food & Function誌オンライン版2024年4月5日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.93(2024年4月4日号) 老化しにくい最適な睡眠時間は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.92(2024年3月28日号) 時間がない人に、最も効率的な筋トレは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.91(2024年3月21日号) パンダが白黒である理由は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.90(2024年3月14日号) ”精製炭水化物”で顔の魅力が低下する!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.89(2024年3月7日号) 筋トレ+BCAAによる筋力増加は、食物繊維サプリで促進されるか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.88(2024年2月29日号) 筋トレは、どこまで追い込むべきか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.87(2024年2月22日号) 筋トレ vs ウォーキング vs ヨガ vs SSRI 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.86(2024年2月15日号) ”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号) 日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号) "オレオ" クッキー vs スタチン 他4本
老化しにくい最適な睡眠時間は? 他4本≫ Journal Check Vol.93(2024年4月4日号)
老化しにくい最適な睡眠時間は? 他4本≫ Journal Check Vol.93(2024年4月4日号)
老化しにくい最適な睡眠時間は? これまでの研究では、睡眠と加齢の間に用量反応曲線を示すことがほとんど出来なかった。そこで著者らは、英国バイオバンク研究に登録された24万1,713人を対象に、習慣的な睡眠時間と、4つの予測年齢指標との関連を調査するための横断研究を実施した。Aging Cell誌オンライン版2024年3月31日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 早漏と関係するのは、大きさか、硬さか? 早漏(PE)は一般的な男性性機能障害であるが、その根本的なメカニズムは完全には解明されていない。著者らは、PEと、陰茎亀頭の体積と組織の硬さとの間の関連性を評価した。The Journal of Sexual Medicine誌オンライン版2024年3月28日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 結局、糖尿病患者にスタチンは是か非か? これまでのRCTの要約データのメタ解析では、スタチン療法が糖尿病リスクを増加させることが示されているが、リスクの大きさや時期、特にリスクの高い患者についてはあまり知られていない。これらを明らかにするため、著者らは、スタチン療法に関するRCTの参加者個人データのメタ解析を行った。The Lancet Diabetes & Endocrinology誌オンライン版2024年3月26日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 妊娠中のタンパク質レベルが、子供の顔貌に影響する!? 頭蓋顔面骨格構造の発生は複雑である。そのメカニズムを解明し、新たな科学的知見を提供するだけでなく、先天性頭蓋顔面奇形の治療や予防に対する臨床的アプローチ開発に役立てるため、ヒト胚の顔面間充織のゲノムワイド解析を行い、同定された活性エンハンサーについて、マウスとゼブラフィッシュを用いた実験を行った。Nature Communications誌2024年3月26日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 老化を防ぐ脂肪酸は? これまでの観察研究では、脂肪酸と老化関連疾患に関連がある可能性が示唆されており、その健康への影響について疑問が投げかけられているが、両者の因果関係は依然として不明である。著者らは、5つの脂肪酸と 3つの老化マーカーについて、一変数および多変数メンデルランダム化解析を行った。Aging誌オンライン版2024年3月26日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.92(2024年3月28日号) 時間がない人に、最も効率的な筋トレは? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.91(2024年3月21日号) パンダが白黒である理由は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.90(2024年3月14日号) ”精製炭水化物”で顔の魅力が低下する!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.89(2024年3月7日号) 筋トレ+BCAAによる筋力増加は、食物繊維サプリで促進されるか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.88(2024年2月29日号) 筋トレは、どこまで追い込むべきか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.87(2024年2月22日号) 筋トレ vs ウォーキング vs ヨガ vs SSRI 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.86(2024年2月15日号) ”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号) 日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号) "オレオ" クッキー vs スタチン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.83(2024年1月25日号) 少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本
時間がない人に、最も効率的な筋トレは? 他4本≫ Journal Check Vol.92(2024年3月28日号)
時間がない人に、最も効率的な筋トレは? 他4本≫ Journal Check Vol.92(2024年3月28日号)
時間がない人に、最も効率的な筋トレは? 最近のレビューでは、約80%の人が、主に時間がないという理由で、筋力強化活動に関する推奨ガイドラインを満たしていないことが明らかになっている。著者らは、1週間あたりの様々な頻度・回数による5種類のミニマムドーズ筋トレ戦略を定義し、筋トレ等を行なっていない個人にとってどの手法が最も効率的かを検討した。Sports Medicine誌オンライン版2024年3月20日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む コーヒー vs 紅茶 vs 赤ワイン、高血圧に良いのは? 高血圧患者における紅茶、コーヒー、赤ワインの摂取と健康上のリスクとの関連を調査するために、英国バイオバンクの高血圧患者18万7,708人を対象とした、前向きコホート研究を実施した。Postgraduate Medical Journal誌オンライン版2024年3月23日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む ChatGPTは、ガイドラインに準拠しているか? 炎症性腸疾患患者によって語られた38の質問をChatGPT3.5に入力し、得られた回答について、14名の消化器病専門医が、関連するECCOガイドラインと比較し、正確性と完全性を評価した。Journal of Crohn's & Colitis誌オンライン版2024年3月23日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 座りっぱなしがEDを助長? いくつかの疫学研究や観察研究では、勃起不全(ED)は余暇の座りっぱなしの行動と関連付けられているが、これらの所見の解釈は、残留交絡や逆因果関係により困難である。著者らは、メンデルランダム化を用いて、余暇の座りっぱなし行動とEDの因果関係とそのメカニズムについて調査した。Andrology誌オンライン版2024年3月20日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む ギックリ腰に運動は有効か? 急性非特異的腰痛(LBP)に対する運動療法は、広く用いられる保存的治療のひとつである。旧版である2005年のコクランレビュー発行以降、コクランレビューの実施方法が大幅に更新されたため、改めて急性LBP患者に対する運動療法の有効性に関して系統的レビューを行った。Archives of Physical Medicine and Rehabilitation誌オンライン版2024年3月19日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.91(2024年3月21日号) パンダが白黒である理由は? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.90(2024年3月14日号) ”精製炭水化物”で顔の魅力が低下する!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.89(2024年3月7日号) 筋トレ+BCAAによる筋力増加は、食物繊維サプリで促進されるか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.88(2024年2月29日号) 筋トレは、どこまで追い込むべきか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.87(2024年2月22日号) 筋トレ vs ウォーキング vs ヨガ vs SSRI 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.86(2024年2月15日号) ”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号) 日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号) "オレオ" クッキー vs スタチン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.83(2024年1月25日号) 少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号) ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本
パンダが白黒である理由は? 他4本≫ Journal Check Vol.91(2024年3月21日号)
パンダが白黒である理由は? 他4本≫ Journal Check Vol.91(2024年3月21日号)
パンダが白黒である理由は? 褐色と白色のジャイアントパンダは、中国陝西省の秦嶺山脈に生息する毛色変異体であるが、1985年の発見以来、その遺伝的メカニズムは不明であった。著者らは、野外生態データ、個体群ゲノムデータ、CRISPR-Cas9ノックアウトマウスモデルを組み合わせて、毛色変異の遺伝的基盤を明らかにした。Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America誌2024年3月12日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む マイクロ・ナノプラスチックの心血管疾患への影響は? マイクロプラスチックやナノプラスチック(MNP)は、心血管疾患の危険因子である可能性が前臨床研究で示されているが、ヒトに対する直接的な証拠はない。著者らは、プラーク中にMNPを認めた患者と認めなかった患者の心筋梗塞、脳卒中、全死因死亡をエンドポイントとした、多施設共同前向き観察研究を行った。The New England Journal of Medicine誌2024年3月7日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む この25年でがんの罹患率と死亡率はどのように変化したか? 1993〜2018年の間にがんと診断された、またはがんで死亡した、35~69歳の男女を対象とし、英国におけるがんの罹患率と死亡率の傾向を調査した。BMJ誌2024年3月13日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む ADHD患者に対する薬物治療で死亡率は減るか? 注意欠陥/多動性障害(ADHD)は、早期死亡を含む健康に対するリスクと関連しているが、薬物治療が死亡リスクに影響を与えるかどうかは不明である。著者らは、ADHD薬物治療の開始がADHD患者の死亡リスクの低下と関連するかどうかを調査した。JAMA誌2024年3月12日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 低体重と肥満 この30年で世界はどう変化したか? 低体重と肥満は、生涯を通じて健康への悪影響と関連している。著者らは、200の国と地域の成人(20歳以上)、学齢児童および青少年(5~19歳)について、1990〜2022年までの低体重または痩せと肥満の個別有病率および複合有病率とその変化を分析した。Lancet誌2024年3月16日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.90(2024年3月14日号) ”精製炭水化物”で顔の魅力が低下する!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.89(2024年3月7日号) 筋トレ+BCAAによる筋力増加は、食物繊維サプリで促進されるか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.88(2024年2月29日号) 筋トレは、どこまで追い込むべきか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.87(2024年2月22日号) 筋トレ vs ウォーキング vs ヨガ vs SSRI 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.86(2024年2月15日号) ”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号) 日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号) "オレオ" クッキー vs スタチン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.83(2024年1月25日号) 少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号) ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号) コーヒーの飲用が若さの鍵!? ≫他4本
”精製炭水化物”で顔の魅力が低下する!? 他4本≫ Journal Check Vol.90(2024年3月14日号)
”精製炭水化物”で顔の魅力が低下する!? 他4本≫ Journal Check Vol.90(2024年3月14日号)
”精製炭水化物”で顔の魅力が低下する!? 西洋の食生活は20世紀後半から大きく変化し、精製された炭水化物の大量摂取は多くの健康への悪影響と関連しており、その生理学的メカニズムは、非医学的特徴にも影響を与える可能性がある。著者らは、血糖負荷によって推定される即時的および慢性的な精製炭水化物摂取と顔の魅力との関係を調査した。PLOS ONE誌2024年3月6日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 治療抵抗性の片頭痛にも、アジョビ®(フレマネズマブ)が効くか? RCTでは、治療薬物群が2つ未満の片頭痛患者において、フレマネズマブの長期投与(1年間)は有効、安全、忍容性が高いと示されている。著者らは、高頻度反復性片頭痛または慢性片頭痛を有し、3回以上の治療失敗があり、さまざまな併存疾患を有する患者を対象に、フレマネズマブのリアルワールドエビデンスを得るための、48週間の多施設(n=26)共同前向きコホート研究を行った。Neurology and Therapy誌オンライン版2024年3月7日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 座りっぱなしの悪影響は、ウォーキングで相殺できるか? 座りっぱなしの時間が長いと、死亡率や罹患率が高くなることが示されているが、歩数がそれに及ぼす影響については、エビデンスが不足している。著者らは、毎日の歩数と全死因死亡率および心血管疾患発症との関連を座位時間別に検討し、1日の歩数の最小値および最適値が高座位時間により変化するかどうかを明らかにするために、コホート研究を行った。British Journal of Sports Medicine誌2024年3月8日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む GLP-1受容体作動薬により、麻酔下での誤嚥リスク増加!? GLP-1受容体作動薬(GLP-1RA)は、2型糖尿病患者の高血糖管理に加えて体重管理薬としても承認され、米国での使用量が増加しているが、これらの薬剤の周術期における安全性、特に麻酔下での誤嚥リスクについては不明である。著者らは、GLP-1RAの使用と麻酔下での誤嚥の危険因子である胃内容物との関連を超音波検査で評価した。JAMA Surgery誌オンライン版2024年3月6日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む コーヒーで痛風予防? 著者らは、特定の食習慣と痛風リスクとの因果関係を調査すると同時に、これらの関係に関与する媒介因子を同定するために、メンデルランダム化研究を実施した。Clinical Rheumatology誌オンライン版2024年3月6日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.89(2024年3月7日号) 筋トレ+BCAAによる筋力増加は、食物繊維サプリで促進されるか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.88(2024年2月29日号) 筋トレは、どこまで追い込むべきか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.87(2024年2月22日号) 筋トレ vs ウォーキング vs ヨガ vs SSRI 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.86(2024年2月15日号) ”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号) 日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号) "オレオ" クッキー vs スタチン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.83(2024年1月25日号) 少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号) ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号) コーヒーの飲用が若さの鍵!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号) サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ ≫他4本
筋トレ+BCAAによる筋力増加は、食物繊維サプリで促進されるか? 他4本≫ Journal Check Vol.89(2024年3月7日号)
筋トレ+BCAAによる筋力増加は、食物繊維サプリで促進されるか? 他4本≫ Journal Check Vol.89(2024年3月7日号)
筋トレ+BCAAによる筋力増加は、食物繊維サプリで促進されるか? 腸内微生物叢は、高齢者の筋肉のタンパク質同化抵抗性と認知に対してプラスの影響を及ぼす可能性がある。著者らは、筋トレと、分岐鎖アミノ酸(BCAA)の補給をした双子の被験者に対し、プラセボまたはプレバイオティクスのいずれかを12週間毎日投与するプラセボ対照二重盲検無作為化比較試験を行い、身体機能と認知に対する影響を調べた。Nature Communications誌2024年2月29日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 高強度スタチン vs 中強度スタチン+エゼチミブ エゼチミブを併用した中強度スタチンは、有効性と安全性の点で従来の高強度スタチン療法よりも優れているという仮説を検証するため、虚血性脳卒中急性期の患者を対象としたランダム化比較試験を実施した。Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases誌オンライン版2024年2月29日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 筋トレ後の食事:高炭水化物低脂肪食 vs 低炭水化物高脂肪食 成人男性を、筋トレ+高炭水化物低脂肪食(HCLF)、または低炭水化物高脂肪食(LCHF)のいずれかを摂取する群に割り当て、15週間にわたる介入前後での身体組成と最大筋力の変化を比較した。Advances in Medical Sciences誌オンライン版2024年2月28日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 結局、健康に好影響・悪影響な飲み物はどれか? 著者らは、6種類の飲料(加糖または人工甘味料入り飲料、お茶、コーヒー、フルーツジュース、エナジードリンク、アルコール)の長期摂取と心血管疾患による死亡との関連を、性差を考慮して調査するために、前向きコホート研究の系統的レビューとメタ解析を行った。Current Developments in Nutrition誌2024年3月号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 全粒穀物の超加工食品は健康?不健康? 全粒穀物の摂取は慢性疾患のリスク低下と関連している。しかし、パンやシリアルなどの全粒穀物を多く含む食品は、Nova分類システムでいう「超加工食品(UPF)」とみなされ、摂取が推奨されない。著者らは、Nova分類システムの定義通りのUPFと、全粒穀物を多く含む食品を除いたUPFとで、心血管代謝リスク指標との関連に違いが出るか横断的分析を行った。The American Journal of Clinical Nutrition誌オンライン版2024年2月26日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.88(2024年2月29日号) 筋トレは、どこまで追い込むべきか? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.87(2024年2月22日号) 筋トレ vs ウォーキング vs ヨガ vs SSRI 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.86(2024年2月15日号) ”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号) 日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号) "オレオ" クッキー vs スタチン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.83(2024年1月25日号) 少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号) ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号) コーヒーの飲用が若さの鍵!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号) サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号) あなたの平均余命はどれくらい? ≫他4本
筋トレは、どこまで追い込むべきか? 他4本≫ Journal Check Vol.88(2024年2月29日号)
筋トレは、どこまで追い込むべきか? 他4本≫ Journal Check Vol.88(2024年2月29日号)
筋トレは、どこまで追い込むべきか? 著者らは、限界まで追い込む(momentary muscular failure)レジスタンストレーニングと、RIR(repetitions-in-reserve:「もう筋肉が動かない」を0とし、あと何回でその状態になるかを数値化したもの)を利用したレジスタンストレーニングが、大腿四頭筋の肥大と神経筋疲労に及ぼす影響について検討した。Journal of Sports Sciences誌オンライン版2024年2月23日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 断食で〇歳若返り!? マウスでは、断食模倣食(FMD)の定期的サイクルが、がんや自己免疫細胞などの損傷細胞を死滅しながら正常細胞を保護し、炎症を軽減し、多系統の再生を促進し、寿命を延ばすことが知られている。著者らは、無作為化臨床試験から得られた血液サンプルを二次的および探索的分析し、成人における3サイクルのFMDが、生物学的年齢に及ぼす影響を調査した。Nature Communications誌2024年2月20日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 反復的な睡眠薬投与が、運転に及ぼす残存効果は如何ほどか? 不眠症患者および健常者における鎮静/睡眠薬の単回および反復就寝時投与による、翌日の潜在的な運転障害を調査することを目的として、無作為化比較試験のシステマティックレビューとネットワークメタ解析を行った。European Neuropsychopharmacology誌オンライン版2024年2月23日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 筋肉減少予防に効果的な栄養素は? 現在、サルコペニアの治療選択肢は限られており、主に筋トレに基づく身体活動と食事介入という2つの治療アプローチに依存している。しかし、食事やサプリメントに含まれる特定の栄養素による影響は不明である。著者らは、栄養素摂取量と除脂肪体重、筋機能、筋力との関係を調査した。Nutrients誌2024年2月19日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む カフェインでダイエット? カフェインは世界で最も利用されている薬物の一つであるが、その臨床効果は完全にはわかっていない。著者らは、循環カフェイン濃度に影響を及ぼすカフェイン代謝に関連する遺伝子変異を活用し、メンデルランダム化解析を行い、循環カフェイン濃度が健康に及ぼす影響を調査した。BMC Medicine誌2024年2月20日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.87(2024年2月22日号) 筋トレ vs ウォーキング vs ヨガ vs SSRI 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.86(2024年2月15日号) ”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号) 日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号) "オレオ" クッキー vs スタチン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.83(2024年1月25日号) 少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号) ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号) コーヒーの飲用が若さの鍵!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号) サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号) あなたの平均余命はどれくらい? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号) 肥満に最も効く運動は? ≫他4本
筋トレ vs ウォーキング vs ヨガ vs SSRI 他4本≫ Journal Check Vol.87(2024年2月22日号)
筋トレ vs ウォーキング vs ヨガ vs SSRI 他4本≫ Journal Check Vol.87(2024年2月22日号)
筋トレ vs ウォーキング vs ヨガ vs SSRI 各国の診療ガイドラインでは、うつ病治療の一環として身体活動を推奨しているが、運動量・方法について明確で一貫した推奨を行なっていない。著者らは、心理療法、抗うつ薬、対照条件と比較した、うつ病治療に最適な運動量・方法を明らかにするために、無作為化比較試験の系統的レビューとネットワークメタ解析を行った。BMJ誌2024年2月14日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む コーヒー〇杯以下なら、骨粗しょう症予防!? これまでの疫学研究で、毎日のコーヒー摂取が代謝性疾患群の発生率を低下させることが明らかになっているが、コーヒー摂取と骨粗鬆症との関連については決定的ではない。著者らは、米国の50歳以上の中高年を対象に、コーヒー摂取と骨粗鬆症・骨減少症との関連を調査するための横断研究を行った。Calcified Tissue International誌オンライン版2024年2月17日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む PM2.5がASDのリスク因子!? 粒子状物質(PM)が自閉スペクトラム症(ASD)のリスクを高めることを示唆する証拠が増えつつあるが、未だ因果関係は不明である。 著者らは、最大規模のゲノムワイド関連解析(GWAS)データベースを用いて、2標本のメンデルランダム化解析を行った。BMC Psychiatry誌2024年2月16日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む テロメア長へ寄与するものは? テロメア長は老化の重要なバイオマーカーとして長い間認識されており、年齢と逆相関している。様々な生活習慣因子がテロメアの短縮や維持に関与することが示唆されているが、その関連については議論の余地がある。著者らは、複数の生活習慣因子とテロメア長との因果関係を調べるために、メンデルランダム化解析を行った。Journal of Translational Medicine誌2024年2月16日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 禁煙のために、電子タバコ? 電子タバコは、一部の喫煙者が禁煙のサポートのために使用しているが、有効性と安全性に関するエビデンスは十分でない。著者らは、継続的な禁煙に到るまでの電子タバコ使用の有効性と安全性について検討するため、非盲検無作為化比較試験を行った。The New England Journal of Medicine誌2024年2月15日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.86(2024年2月15日号) ”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号) 日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号) "オレオ" クッキー vs スタチン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.83(2024年1月25日号) 少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号) ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号) コーヒーの飲用が若さの鍵!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号) サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号) あなたの平均余命はどれくらい? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号) 肥満に最も効く運動は? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.77(2023年11月30日号) 週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? ≫他4本
”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 他4本≫ Journal Check Vol.86(2024年2月15日号)
”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 他4本≫ Journal Check Vol.86(2024年2月15日号)
”ストレッチ”が筋トレ代わりに!? 身体活動は血糖値の管理において重要な役割を果たすが、有力なエビデンスは、有酸素運動と筋力トレーニングについてのみ存在している。著者らは、ストレッチ運動が血糖値に及ぼす潜在的な影響を明らかにするために、メタ解析を含む系統的レビューを行った。Sports Medicine - Open誌2024年2月9日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 禁煙はいつやるか? 今でしょ! 禁煙は死亡率と罹患率を減らすが、喫煙関連疾患による死亡率をどの程度減少させるか、また禁煙期間がどの程度影響するかは依然として不明である。そこで著者らは、米国、英国、ノルウェー、カナダの死亡登録と関連する4つの国内コホートを用いてメタ解析を行った。NEJM Evidence誌オンライン版2024年2月8日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 理想的なタンパク摂取量は、1日〇g? 高齢者に推奨されるタンパク質は、若者の窒素出納に基づいている。指標アミノ酸酸化法を用いた研究では、現在の推奨よりも30~50%多いタンパク質が必要であると示唆されている。著者らは、タンパク質適正量を生理学的に推定する方法としてグルタチオンを測定し、高齢者における1日の理想的なタンパク質摂取量を推定した。The American Journal of Clinical Nutrition誌オンライン版2024年2月5日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 日本における片頭痛治療の実態 日本における片頭痛患者の臨床的特徴や治療は十分に調査されていない。著者らは、近年の片頭痛の臨床を理解し、現在の治療法では十分に管理できない可能性がある患者の特徴を明らかにするために、請求データベースを使用した後ろ向きコホート研究を実施した。The Journal of Headache and Pain誌2024年2月8日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む バイアグラがアルツハイマー病リスクを軽減!? 動物実験では、PDE5阻害薬がアルツハイマー病(AD)リスク軽減薬として有望であると示されているが、ヒトにおける証拠はまだ決定的ではない。著者らは、勃起不全の男性におけるPDE5阻害薬の使用とAD発症リスクとの関連を評価するためにコホート研究を行った。Neurology誌オンライン版2024年2月7日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号) 日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号) "オレオ" クッキー vs スタチン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.83(2024年1月25日号) 少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号) ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号) コーヒーの飲用が若さの鍵!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号) サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号) あなたの平均余命はどれくらい? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号) 肥満に最も効く運動は? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.77(2023年11月30日号) 週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.76(2023年11月23日号) ブドウ、ブルーベリーが認知症を改善!? ≫他4本
日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本≫ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号)
日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 他4本≫ Journal Check Vol.85(2024年2月8日号)
日本人の〇%は、亜鉛欠乏症!? 亜鉛欠乏症は、世界中で20億人以上が罹患しており、免疫機能の低下、味覚・嗅覚障害、肺炎、成長遅延、視覚障害、皮膚障害などの多くの好ましくない影響により、公衆衛生上大きな負担となっている。著者らは、2019年1月〜2021年12月までの、日本全国の保険請求データベースの解析を行い、亜鉛欠乏症患者の特徴を調査した。Scientific Reports誌2024年2月2日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む NSAIDsと、各種がん発生率との相関は? 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)、特にアスピリンは種々の癌の発生率を低下させることが、いくつかの臨床的および前臨床的研究で示されている。しかし、複数のがん罹患とNSAIDsとの関連を総合的に評価した文献は不足している。著者らは、既存のシステマティックレビューおよびメタアナリシスの包括的レビューを行った。Heliyon誌2024年1月30日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 緑茶で心血管疾患リスクが〇%低下! 緑茶は心血管疾患(CVD)の発症を予防する可能性があると報告されている。著者らは、過体重/肥満の2型糖尿病患者における緑茶摂取とCVD発症との関連を調査するためにコホート研究を行った。Archives of Public Health誌2024年2月2日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 不妊治療の最新ガイドライン 不妊カップルの第一選択管理のための2010年フランス産婦人科医会の診療ガイドラインを更新し、5つの主要テーマ(不妊女性の第一選択の評価、不妊男性の第一選択の評価、環境要因への曝露の予防、排卵誘発法を用いた初期管理、第一選択の生殖手術)について推奨事項をまとめた。Gynecologie, Obstetrique, Fertilite & Senologie誌オンライン版2024年2月2日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む コーヒーが変形性膝関節症のリスクに!? 変形性膝関節症(KOA)は一般的な関節疾患であり、食事がKOAの病因と進行に関与している可能性があるが、因果関係を示す証拠は限られている。著者らは、食事摂取とKOAリスクとの因果関係を調査するために、メンデルランダム化解析を行った。PloS One誌2024年1月31日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号) "オレオ" クッキー vs スタチン 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.83(2024年1月25日号) 少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号) ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号) コーヒーの飲用が若さの鍵!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号) サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号) あなたの平均余命はどれくらい? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号) 肥満に最も効く運動は? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.77(2023年11月30日号) 週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.76(2023年11月23日号) ブドウ、ブルーベリーが認知症を改善!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.75(2023年11月16日号) 座りっぱなしは、寝っぱなしよりもタチが悪い!? ≫他4本
"オレオ" クッキー vs スタチン 他4本≫ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号)
"オレオ" クッキー vs スタチン 他4本≫ Journal Check Vol.84(2024年2月1日号)
"オレオ" クッキー vs スタチン 最近の研究で、糖質制限食に反応して、HDL-C≧80mg/dL、TG≦70mg/dLで、LDL-Cが200mg/dL以上を示すLean Mass Hyper-Responders(LMHR)という集団が同定された。この現象は主に代謝的に健康で痩せた被験者に発生し、LDL-CとBMIは反比例する。著者らは、ケトジェニックダイエット中のLMHR被験者にオレオクッキーの形で炭水化物を補給すると、高強度スタチン療法と同等かそれ以上にLDL-C値が低下するのではないかという仮説を検証した。Metabolites誌2024年1月22日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む DOACは、BMI/体重により有用性が変化するか? BMIと体重が、DOACの有効性と安全性にどのような影響を及ぼしているか、依然として定かではない。著者らは、DOACとワルファリンのBMI・体重の違いによる有効性と安全性について、心房細動の患者を対象にした4つのランダム化臨床試験の個別患者データ5万8,464例のメタ分析を行った。Circulation誌オンライン版2024年1月24日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 包茎にステロイド!? 包茎は、割礼や包皮形成術により外科的に治療されることが多いが、ステロイド外用薬を4~8週間塗布する非侵襲的治療の報告は、良好な結果を示唆している。著者らは、男児の包茎治療において包皮の狭窄部分にステロイド外用薬を塗布した場合の効果を、プラセボまたは無治療と比較して評価した。2014年に発表されたコクランレビューの更新版。The Cochrane Database of Systematic Reviews誌2024年1月25日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む ”尻"を最も効果的に鍛えるには? 静的トレーニングとプレアクティベーションは、加速パフォーマンスを向上させるというエビデンスがある。しかし、伝統的な筋トレは、対側の股関節屈曲時に同側の股関節伸展を特徴とする臀筋の加速に特異的な活性化パターンを反映していない。著者らは、従来の筋トレと比較して、加速に特化したエクササイズが臀筋にどのように影響するかを調査した。European Journal of Applied Physiology誌オンライン版2024年1月27日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む EDに影響する腸内微生物叢は? 勃起不全(ED)は、男性によく見られる性障害の一つである。いくつかの研究で、腸内微生物叢とEDとの間に関連がある可能性が示されている。著者らは、この潜在的な関連を検証するために、腸内微生物叢とEDのゲノムワイド関連研究の統計データをスクリーニング、およびメンデルランダム化解析を行った。International Journal of Impotence Research誌オンライン版2024年1月25日号の報告。 ≫ヒポクラ論文検索で続きを読む 知見共有へ アンケート:ご意見箱 ※新規会員登録はこちら ヒポクラ Journal Check Vol.83(2024年1月25日号) 少量のアルコールでも、目覚めが悪くなる!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.82(2024年1月18日号) ダークチョコレートで〇〇予防!? 他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.81(2024年1月11日号) コーヒーの飲用が若さの鍵!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.80(2023年12月21日号) サイアザイド系利尿薬 vs ACE阻害薬 vs Ca拮抗薬 高血圧治療のベストチョイスは? ~23年の追跡調査~ ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.79(2023年12月14日号) あなたの平均余命はどれくらい? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.78(2023年12月7日号) 肥満に最も効く運動は? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.77(2023年11月30日号) 週末〇時間の寝だめで、CVリスクが低下する!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.76(2023年11月23日号) ブドウ、ブルーベリーが認知症を改善!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.75(2023年11月16日号) 座りっぱなしは、寝っぱなしよりもタチが悪い!? ≫他4本 ヒポクラ Journal Check Vol.74(2023年11月09日号) 多様な睡眠トラッカー、精度が高かったのはどれ? ≫他4本